楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【注意喚起】iPhoneの時刻を「1970年1月1日」にして再起動すると起動不可能になる

013_iOS9 (1)
スポンサードリンク

iPhoneやiPadで、時刻を「1970年1月1日」に変更してから再起動してしまうと、起動画面を抜け出せなくなってしまうバグ(通称リンゴループ)が見つかりました。
万が一バグが起きてしまうと、最悪の場合Apple Storeでの修理交換が必要になります。

バグの対象となるデバイス

今回のバグが起こりうるデバイスは、64ビットプロセッサであるA7、A8、A8X、A9、A9Xを搭載し、iOS8以上をインストールしたデバイスとのことです。(iOS 9.3 beta 3含む)

デバイス プロセッサ
iPhone 5s A7
iPhone 6 A8
iPhone 6 Plus A8
iPhone 6s A9
iPhone 6s Plus A9
iPad Air A7
iPad Air 第2世代 A8X
iPad mini 第2世代 A7
iPad mini 第3世代 A7
iPad mini 第4世代 A8
iPad Pro A9X
iPod touch 第6世代 A8

再現方法と現時点での対処法

今回のリンゴループバグは、時刻を”1970年1月1日”に手動変更して再起動することで再現が可能となっており、一度このバグに陥ってしまうと、DFUモードを使った復元も出来ないようです。
Redditのスレッドでは下記のような対処方法が挙げられているものの、未だ確実な改善方法は見つかっておらず、最悪の場合Apple Storeでの修理交換が必要なってしまうようです。

  • 数十分間放置する
  • バッテリーを一度抜いて再度装着する(要分解 ※保証対象外

バグに誘導する悪質なデマ情報

Twitterでは、「1970年1月1日に設定して〜再起動すると、iPhoneの動作が軽くなる」など、今回のリンゴループのバグに誘導するかのような悪質なデマ情報が多数流れているので、“1970年1月1日”が絡むような魅力的な情報は鵜呑みにしないようにしてください。

Source:9To5Mac

コメント1件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. リカバリーモードを実行したら、復活しました!
    リカバリーモードを10回近く繰り返したら、私のiPadmini3が復活しました!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top