楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8.3】iOS初のパブリックベータプログラム採用で何が変わる?

cat (1)
スポンサードリンク

3月にリリースが噂されているiOS8.2の更に1つ先のGoogle2段階認証が公式サポートされるiOS8.3がパブリックベータプログラムを採用すると9ToMacが報じています。
パブリックベータプログラムの採用はiOSでは初ですが、OSX Yosemiteでは過去に採用された事があるプログラムです。
今回のパブリックベータプログラムも成功で終わる事が出来れば、今夏にリリースされると噂されているiOS9もパブリックベータプログラムが採用される事になりそうです。

パブリックベータプログラムって何?

2015-02-21 8.49.33 (1)

希望者に対して次期iOS(OSX)のベータ版を配信し、バグの修正やフィードバックを目的としたテストです。
従来であればiOSのベータ版は開発者のみに配信されているのですが、パブリックベータプログラムでは一般ユーザーもテストに応募する事が可能です。
「オープンベータテスト」と呼ばれる物と殆ど意味合いは変わりません。

リリース日と参加人数

iOS8.3のパブリックベータ版の配信次期は3月9日とされています。
またパブリックベータ版は10万人限定となっており、応募はOSX Yosemiteと同様であれば、WEBでの応募になるかと思います。

注意点

恐らくいち早く使いたいが為に応募される方も出てくるかと思います。
パブリックベータプログラムはあくまで”テスト”なので、致命的な不具合が起きる可能性もあります。
また、現在インストール済みのアプリがiOS8.3で不具合無く動作するという保障もありません。
そういったリスクを重々承知した上で応募するようにしましょう。

またテスト版をインストールした段階でAppleとの機密情報契約が成されます。
テスト版をインストールし、スクリーンショットをWEBやTwitterに投稿すると守秘義務違反になります。
但しAppleが公開した機能(技術情報)については機密扱いでは無くなるようです。

Q.インストールするプレリリースソフトウェアは機密情報ですか?

A.はい、プレリリースソフトウェアは Apple の機密情報です。そのため、自分が直接管理していないシステムやほかのユーザと共有しているシステムにプレリリースソフトウェアをインストールすることや、スクリーンショットを公開または投稿すること、プレリリースソフトウェアに関する情報を Twitter などのサービスで公開すること、OS X Beta Program の参加者以外の人にプレリリースソフトウェアの話をしたりその画面を見せたりすることなどは禁止されます。ただし、Apple がプレリリースソフトウェアに関する技術情報を公開した場合、その情報は機密扱いではなくなります。

OSX BetaProgram よくある質問

何が変わる?

th_608465.150p-01 (1)

今回のパブリックベータプログラムが採用された事で、iOS8.1の時のような致命的なバグが起きることはまず無いかと思います。
今まで「人柱」なんて呼ばれていたアップデートを即適用する側にとっては、嬉しい改善となりそうです。

つぶやき

kogoto_prof
次期iOS9楽しみですねー。
きっとパブリックベータが配布された際にはTwitterでスクリーンショットと一緒に「インストールなう」なんてツイートされそうな気もします。
先程も書きましたが”守秘義務違反”になるので、控えるようにしましょう。

参考:9ToMac

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top