楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8】ファミリー共有で子供用AppleIDを作成する方法

cat
スポンサードリンク

今回はiOS8から使えるようになったファミリー共有機能で、子供専用のAppleIDを作成する方法をご紹介します。

AppleIDは原則13歳以上でないと作成できないようになっています。
その為従来であれば、親の名義で作成しお子さんに貸与する必要がありました。
ですが、iOS8からのファミリー共有機能で簡単に子供用AppleIDを作成出来るようになりました。
ファミリー共有で作成する事で、アプリのダウンロード、アドオンの購入も親側で管理が出来るので安心ですよ。

但し事前に親側AppleIDにクレジットカード情報を登録しておく必要があります。
(デビットカード不可)
クレジットカード情報の登録方法や親側のファミリー共有設定は別記事で解説しているので、そちらを御覧ください。
参考:【iOS8】iPhoneでファミリー共有を設定する方法

子供用AppleIDの作成方法

「設定」→「iCloud」→「家族」→「お子様用AppleIDを作成します。」の順にタップ。
th_th_IMG_5186

「次へ」→ お子さんの生年月日を入力し「次へ」→「同意する」の順にタップ。
th_th_IMG_5191

クレジットカードのセキュリティコードを求められます(カード背面署名あたりの下3桁数字)
th_th_IMG_5195

お子様の名前を入力し「次へ」→お子さん専用の希望のAppleID(メールアドレス)を入力し「次へ」→「作成」の順にタップ。
[email protected]る事になります。
th_th_IMG_5196

スポンサードリンク

パスワードを入力し「次へ」→3つの質問を選択&入力し「次へ」→承認と購入のリクエストをオンにしたまま「次へ」の順にタップ。
※ 承認と購入のリクエストをオンにする事で、お子さんがアプリのダウンロードやアドオンを購入する際に、親のiPhoneで許可/拒否する事ができます。
th_th_IMG_5199

お子さんの位置情報を必要とする場合は「場所を送信」不要であれば「あとで」→「同意する」→「同意する」の順にタップ。
th_th_IMG_5202

「同意する」→「同意する」の順にタップすると設定完了です。
iCloudの家族画面に作成したお子さんのAppleIDが自動追加されます。
th_th_IMG_5205

後は最後にお子さんの端末で「iCloudへのサインイン」と「AppStoreでのサインイン」をする事で完了です。
もしお子さんのAppStoreで親アカウントのAppleIDでサインインしている場合は、一度サインアウトして作成したお子さんのAppleIDでサインインする必要があります。

つぶやき

kogoto_prof
ファミリー共有は本当に便利です。
お子さん専用のAppleIDを作成する事で、アドオンの購入も同時に管理が出来るので、莫大な請求をされるリスクもありません。
またAppStoreに並んでいるアプリの中には「出会い系」とも思えるコミュニケーションアプリが多数並んでいます。
そういった「お子さんに害がありそうなアプリ」もインストールさせる事を阻止出来るので、安心してiPhoneを貸与する事が出来ます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top