楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 11の新機能や変更点などWWDC2017のiOS 11に関する発表まとめ

iOS11_WWDC2017_20170606
スポンサードリンク

本日開催されたWWDC2017で、今年秋頃にiOS 11がリリースされることが発表されました。基調講演ではiOS 11で追加される新機能が数多く紹介されたので、今回はWWDC2017で明らかになった、iOS 11の新機能や変更点についてお伝えします。

メッセージアプリに関する新機能と変更点

1_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • メッセージアプリの下段からステッカーアプリなどの拡張アプリを起動できるバーが追加
  • iMessageがiCloudで同期されるようになり、複数デバイス間でiMessageの削除状況などの同期に対応

Apple Payに関する新機能と変更点

2_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • Apple Payが個人間の取引に対応し、iMessageを使った送金に対応
  • Apple Payで受け取ったお金は、Apple Pay内に作成される「Pay Cash」にチャージされ、決済や銀行口座に送金が可能

Siriに関する新機能と変更点

3_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • Siriに翻訳機能が追加され、英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応。日本語対応については触れられず
  • サードパーティーアプリがSiriを利用できるSiriKitはiOS 11にも搭載
  • メッセージアプリやカレンダーの通知機能を使って、Siriが「次に行動するであろう提案」をする機能が追加
  • Siriが閲覧しているニュース記事を認識し、ニュースアプリで関連記事をスポットライトとして提案

写真やカメラに関する新機能と変更点

5_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • 動画はH.264からHEVC(H.265)に変更され、これまでよりも容量が小さくなる
  • 写真はJPENGからHEIFに変更され、これまでもよりも容量が小さくなり、高画質になる
  • 写真アプリにポートレート写真からスライドショーを作成する、ポートレートムービー機能が追加
  • ライブフォトの編集機能が強化され、ループ処理などの編集に対応
  • 写真アプリが作成したムービー再生中に、縦画面や横画面の切り替えに対応

コントロールセンターと通知センターに関する新機能と変更点

6_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • コントロールセンターが全画面表示に大幅刷新
  • コントロールセンターのボタンは3D Touchを使ったアクションに対応
  • コントロールセンターのカスタマイズ機能が追加
  • 従来の通知センターが、ロック画面と一体化した画面に刷新

マップアプリに関する新機能と変更点

7_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • ボストン、シカゴ、香港、ロンドン、東京羽田空港などの、空港や商業施設のフロアマップ表示(インドマップ)に対応
  • カーナビに車線の案内情報が追加
  • 運転中に通知をオフにしたり、メッセージに自動返信ができる「Do Not Disturb While Driving」が追加

HomeKitやミュージックに関する新機能と変更点

8_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • HomeKit対応のスピーカー製品との連携に対応
  • 複数のスピーカーを使っての音楽の再生に対応
  • iPhoneからApple TVでの音楽の再生に対応
  • ミュージックアプリで友だちが視聴している音楽がアイコンで表示する機能が追加
  • 音楽のプレイリストなどが共有機能に対応

App Storeに関する新機能と変更点

9_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • App Storeのデザインが大幅に刷新
  • 新たに「今日」「ゲーム」「アプリ」のタブが追加
  • 「今日」では新規アプリ、「ゲーム」ではゲームアプリの紹介と注目のアドオン、「アプリ」ではその他全般アプリが掲載
  • アプリの紹介ページは、これまで通り動画再生に対応。
  • 32bitアプリに関しては特に言及はありませんでした。

iPadに関する新機能と変更点

10_iOS11_WWDC2017_20170606_up

  • 画面下部にアプリをトレイ表示できるドック機能が追加
  • アプリ起動中に異なるアプリを起動することができる機能が追加
  • 同時起動したアプリはスムーズにスプリットビューに移行可能。
  • メールなどの全般アプリに、テキストやURL、画像をドラッグ&ドロップで載せることができる選択機能が追加
  • 英字キーボード上でキーをスワイプすることで、記号の入力ができる機能が追加
  • クラウドストレージを管理できる標準アプリ「Files」が追加
  • Apple PencilがスクリーンショットやSafariのマークアップに対応
  • メモアプリでオフラインのドキュメントをスキャナカメラで取り込み、マークアップに対応
  • Apple Pencilで画面をタップするだけで手書きメモを起動できる機能が追加
  • 手書きメモがSpotlight検索に対応

これらの機能はiOS 11の一部の過ぎず、他にも多数の新機能や変更があるとのこと。またbeta版は本日よりリリースされ、正式版は秋頃の予定です。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top