楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 11.4で外部データ転送を防ぐUSB制限モードが追加か

スポンサードリンク

現在開発者向けに配信されているiOS 11.4 betaにおいて、7日以上パスコードの解除を行っていないiPhoneで、Lightning端子を使用した外部データ転送を防ぐセキュリティ機能「USB制限モード」が追加されるようです。

外部データ送受信を防ぐUSB制限モード

海外のセキュリティブログ「Elcomsoft」によると、先日配信された最新のiOS 11.4 betaにおいて、新しいセキュリティ機能「USB制限モード」が追加されているとのこと。

USB制限モードは、1週間以上パスコードのロック解除(Touch ID/Face ID含む)をしていない場合に作動し、自動的にLightning端子が充電専用ポートに制限されるとのこと。

長期間ロックされたデバイスは外部データ転送が不可能に。

Lightning端子が充電専用ポートに制限されることで、PC(iTunes)を使ったバックアップや復元、サードパーティーツールを使ったデータ送受信などができなくなり、第三者によってデータの複製や復元を防ぐことができます。

スポンサードリンク

なお一度作動したUSB制限モードは、ユーザーがパスコードを入力したロック解除することで自動解除されるようなので、普段使いで何か不便になるようなことは無いかと思います。

パスコードロックを強制解除するツール”GrayKey”対策か

USB制限モードが追加された背景には、パスコードロックの掛かったiPhoneを強制解除し、ファイルシステムを含む全データのクローンバックアップを作成できるツール”GrayKey”対策との見方が強いようです。

ただ、肝心の”GrayKey”がiOS 11.4で使用できるかは現時点では不明のようなので、これに関しては続報が分かり次第お伝えします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top