楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ストレージ容量「システム」を減らして空き容量を増やす方法

スポンサードリンク

iPhoneの設定アプリでiPhoneのストレージ容量を確認すると、アプリなどの他にiOSなどを含むシステム領域(システム)が数GB〜十数GBもの多くの容量を消費している場合があります。

特にストレージ容量の少ないモデルのiPhoneをお使いであれば、数GB〜十数GBのシステム領域の負担は重く、空き容量不足に度々悩まされることがあります。

本記事ではそんな悩みを軽減できるiPhoneストレージのシステム領域を減らし、空き容量を増やすテクニックを紹介します。

iPhoneをiTunesに接続してシステム使用量を減らす

今回のストレージ容量からシステム領域を減らし、空き容量を増やすテクニックでは「iTunes」を使用します。

iTunesとの同期は不要なので、信頼できるPCとiTunes、Lightning USBケーブルさえあれば簡単に活用することができます。

  1. iPhoneとPCをLightning USBケーブルで接続。
  2. スポンサードリンク

  3. PCでiTunesを起動する。(同期が自動開始した場合はキャンセルして大丈夫です)
    ※ 「このコンピュータを信頼しますか?」などが表示される場合は許可してください。
  4. 画面ロックをせずにiTunesに接続した状態のiPhoneを数十秒〜1分程度放置し、設定一般iPhoneストレージを確認するとシステム容量が減っていることを確認できます。
  5. iPhone 8(iOS 11.4)で検証すると約600MBの空き容量ができた。

ただし、日頃からiTunesバックアップや同期をしている場合は、iTunesに接続してもシステム容量が変化しない場合もあるので、長期間iTunesに接続していないiPhoneの場合であれば尚効果が期待できます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top