楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】iPhoneで「非使用のアプリを取り除く」を設定して空き容量を増やす方法

iOS11_storageapp_20170917 (1)
スポンサードリンク

iOS11では、iPhoneにインストールしているアプリの中で、起動せずに非使用となっているアプリを自動的にアンインストール(削除)する機能「非使用のアプリを取り除く」が追加されました。

ストレージ容量を増やすことが出来る画期的な機能「非使用のアプリを取り除く」ですが、早速設定方法や使い方などについて解説します。

「書類とデータ」を残したまま使っていないアプリを自動削除できる新機能

「非使用のアプリを取り除く」を設定することで、起動せずに非使用となっているアプリを自動的に削除することができます。

非使用のアプリが自動削除されることで、ストレージの空き容量を確保できるほか、「非使用のアプリを取り除く」で削除されたアプリについては、アプリ内に保存された「書類とデータ」は削除されず、端末に残し続けることができます。

「書類とデータ」がデバイスに残り続けることで、もしアプリ削除後に改めてアプリを使いたくなった場合は、アプリを再インストールすることで「書類とデータ」が自動的に復元されます。

「非使用のアプリを取り除く」の設定方法について

「非使用のアプリを取り除く」は、次の手順でオンオフ(有効化/無効化)の変更をすることができます。

  1. 設定アプリiTunes StoreとApp Storeをタップ。
  2. 1_iOS11_storageapp_20170917_up (1)

  3. 非使用のAppを取り除くをオンにする。
  4. 2_iOS11_storageapp_20170917_up (1)

上記方法であれば、簡単に機能のオンオフの変更をすることができますが、オンにするだけであれば、設定アプリ一般iPhoneストレージ非使用のAppを取り除くの”使用”からでも可能です。

3_iOS11_storageapp_20170917_up (1)

ついつい使わなくなったアプリが増えがちな場合、常にストレージの空き容量を確保しておきたい場合など、そういった時に役立つ機能なので是非活用してみてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top