楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS11】iPhoneのAirDropの設定をコントロールセンターで変更する方法

airdrop_20170921 (2)
スポンサードリンク

iOS11ではコントロールセンターが大幅にリニューアルされ、端末間でファイルを共有できる機能「AirDrop」の共有範囲の設定方法が変更されました。

以前はコントロールセンターを起動した時点でAirDropの設定項目が表示されていましたが、iOS11では3D Touchを使った方法に変更されたので、今回はその方法について解説します。

AirDropの設定をコントロールセンターから変更する方法

iOS11以降のiPhoneなどのiOSデバイスでは、次の方法でAirDropの受信範囲を設定することができます。

  1. ホーム画面で下端を上にスワイプしてコントロールセンターを起動する。
  2. 1_ios11_airdrop_20170916_up

  3. 機内モード、モバイルデータ通信、Wi-Fi、Bluetoothのボックスを押し込む(3D Touch)
    ※ 3D Touch非対応機種の場合は長押し。
  4. 2_ios11_airdrop_20170916_up

    スポンサードリンク

  5. 拡大表示されたボックスの中からAirDropをタップ。
  6. 3_ios11_airdrop_20170916_up

  7. 共有許可範囲を受信しない連絡先のみすべての人のいずれかから選択する。
  8. 4_ios11_airdrop_20170916_up

またAirDropの受信範囲の設定は、設定アプリ一般AirDropからでも変更することが出来ます。

1_airdrop_20170921_up (1)

もし何らかの事情でコントロールセンターが起動できない場合については、上記の方法をお試しください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top