楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ホーム画面のアプリに表示される「雲マーク」の意味と原因

スポンサードリンク

iOS11以降のiPhoneやiPadでは、ホーム画面に配置しているアプリの名前左横に白枠の「雲マーク」が表示される場合があります。

アプリの名前の左横に表示される雲マークは「前日は表示されていなかったのに突然表示された」といったことが多いなので、突然の変化に困惑する方も多いです。

ホーム画面のアプリに表示される雲マークの意味

ホーム画面に配置しているアプリの名前左横に表示される「雲マーク」は、アプリ自体のデータが端末から削除されていることを表すアイコンです。

通常の削除(アンインストール)とは違い、アプリに保存された”書類とデータ”は残った状態になるので、雲マークが表示されたアプリをタップし、アプリをダウンロードし直すことでいつでも利用を再開することができます。

なぜアプリが勝手に消えるのか

ホーム画面のアプリが突然削除され、雲マークになる理由はiOS11の新機能「非使用のAppを取り除く」によるものです。

スポンサードリンク

「非使用のAppを取り除く」がオンになっている場合、iOSがストレージの空き容量を確保しようと、長期間使用していないアプリを自動で削除してしまいます。

もし「非使用のAppを取り除く」をオフ(解除)したい場合、設定iTunes StoreとApp Store非使用のAppを取り除くをオフにすることで、アプリが勝手に削除されることは無くなります。

Appを取り除くを活用したテクニック

アプリを使用していると、アップデートなどの影響で稀に動作が不安定になることがあり、“アプリの再インストール”が必要になる場合があります。

そういった場合はアプリを削除〜再ダウンロードするのでは無く、Appを取り除くを活用することで、アプリに保存されたデータ(書類とデータ)を残した状態で、アプリ単体のデータのみ再インストールすることができます。

設定一般iPhoneストレージ任意のアプリAppを取り除くで特定のアプリを取り除くことができるので、機会があれば是非活用してみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top