楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】32bitアプリを確認できる「App互換性」が開けない原因について

32bitapp-del-none-20170908 (1)
スポンサードリンク

iOS 10.3では、iOS 11で起動を含む、全般の動作が出来なくなる32bitの古いアプリを確認することができる「App互換性」が追加されました。

「App互換性」は、iOS 11アップデート前の準備でも使用する重要な機能の一つですが、読者の方から「App互換性を開くことが出来ない」といった声を頂き、検証してみたところ原因が明らかになりました。

情報画面から「App互換性」が消える場合がある

App互換性は、設定一般情報Appの順に画面を進めることで、32bitで動作している古いアプリを確認することができる機能です。

2_32bitapp-del_20170908_up (1) 

ただし、後述する条件を満たすと、下記画像(右)のように、Appの横に階層があることを表すアイコン>が非表示になり、App互換性の画面に遷移することができなくなります。

8_32bitapp-del_20180908_up

「App互換性」は開けないのは32bitアプリのインストール状況が原因

今回の質問を受けて、検証も兼ねてデバイス上の32bitアプリを試し全てアンインストールしてみたところ、「App互換性」画面にアクセスすることができなくなり、情報画面のApp横にある>も非表示になりました。

32bitアプリの削除にはiTunesを使用することでまとめて削除でき便利です。
32bitアプリの削除にはiTunesを使用することでまとめて削除でき便利です。

私自身、32bitアプリの整理方法は随分前にも解説していたものの、移行先となるアプリが定まらず、全ての32bitアプリを削除しきれていなかったこともあり、全く気が付きませんでした。

場合によっては不具合では?と疑ってしまいそうですが、App互換性が開けない場合は、デバイスに32bitアプリがインストールされていない証になるので、iOS 11の制限によって、何らかのアプリが起動出来なくなることは無さそうです。

ただし、アプリによってはiOS 11で正常に動作しない場合(32bitアプリでは無いけどiOS 11に未対応の場合、特にゲームアプリは要注意)もあるので、“重要なサードパーティー製アプリ”については、iOS 11アップデート前にApp Storeや公式ページで対応状況を確認するようにしてください。

関連記事

【iPhone】iOS 11で動かない32bitアプリを効率よく整理・削除する方法【iPhone】iOS 11で動かない32bitアプリを効率よく整理・削除する方法

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top