楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS11で32bitアプリのサポートが終了する見方が強まる

iOS11で32bitアプリのサポートが終了する見方が強まる
スポンサードリンク

World Summit Award Mobileを受賞した、自閉症を持つ人々向けに作られた絵カードアプリ「Grace」の開発者でもある、アイルランドの著名デベロッパーSteven Troughton-Smith氏が、iOS11で32bitアプリのサポートを終了するだろうとコメントしています。

iOS10.3で警告が強化された32bit動作アプリ

iOS10.2.1以前は、32bitアプリを起動すると「iPhoneの動作が遅くなる場合があります」と警告が表示されていましたが、iOS10.3では警告文がより具体的な内容に変更されました。

“アプリ名”はアップデートの必要があります
このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります。

このことから、iOS11では32bitサポートが打ち切られるとの説が有力視されていましたが、アイルランドの著名デベロッパーであるSteven Troughton-Smith氏は、「iOS11で32bitアプリのサポートが終了することは明確に聞いており、9月以降も生き残りたいのであれば、今すぐ64bit対応にアップデートする必要がある」と、Twitter上でコメントをしています。(情報源は不明)

また将来のAプロセッサには32bitのサポートが含まれず、ユーザーと開発者にパフォーマンスやダイスペースを開放される可能性があるとも述べています。
※ “ダイスペース(die space)”の意味を調べてみましたが、意味がよくわからず。

なおインストール済みの32bitアプリは、設定一般情報Appから確認することができます。

32bitアプリの確認手順

関連記事
【iOS10.3】32bitアプリを起動すると「将来のiOSのバージョンでは動かない可能性」と警告が表示される【iOS10.3】32bitアプリを起動すると「将来のiOSのバージョンでは動かない可能性」と警告が表示される

【iPhone】将来のiOSのバージョンでは動かない可能性のあるアプリを確認する方法【iPhone】将来のiOSのバージョンでは動かない可能性のあるアプリを確認する方法

Source:Apple will reportedly drop 32-bit app support entirely with iOS 11 this fall

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top