楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【速報】iOS 10がWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ

ios10-wwdc2016
スポンサードリンク

日本時間2016年6月14日午前2時にAppleが開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」を開催し、同イベントでiOS 10が正式に発表されました。この記事では、iOS 10に関する発表内容をまとめて紹介します。

ロック画面の改善

2

  • iPhoneを手に持ち上に傾けることで自動でスリープが解除される機能が追加
  • ロック画面で左から右にスワイプすることで、カレンダーやニュースなどのウィジェットを表示できる機能が追加
  • 通知センターの端を3D Touch(強く押す)することで、通知をまとめて消すことができる機能が追加
  • iMessageの通知を3D Touchすることで、ロック画面のまま返信をすることができる機能が追加(デペロッパー向けAPIが公開されるため、サードパーティーアプリもこれに対応可能)
  • ロック画面で右から左にスワイプすることで、カメラを起動することができる
  • 下から上にスワイプするとデザインが刷新されたコントロールセンターを表示できる(音楽再生ボタンを押すと、音楽操作に特化したコントロールセンターが表示されるようになります)
  • 通知が届いても壁紙が暗くならない仕様に変更

3D Touch操作の機能強化

3

  • 標準メールアプリのアイコンを強く押すことで、未返信となっている宛先のリストを表示できる機能が追加
  • アクティビティアプリのアイコンを強く押すことで、簡易的なデータを表示できる機能が追加
  • ESPNアプリのアイコンを強く押すことで、最新試合のスコアを表示できる機能が追加、またウィジェットに追加することも可能

Siri

4

  • Siriがサードパーティーアプリとの連携が可能になり、”wechatを使って太郎に5分遅れるよと伝えて”などといったアクションが可能になる(SiriのAPIがデペロッパー向けに開放)
  • SkypeやRunkeeperなどのアプリがSiriへの対応を発表

クイックタイプ

5

  • Siriの解析機能をクイックタイプに導入し、予測変換の精度が向上
  • 返信として各種情報(位置情報、カレンダー)が返答候補として表示される
  • 複数言語を使用していも、使用言語履歴から適切な候補が表示される

写真アプリ

6

  • 写真アプリ内で撮影位置を地図形式で表示できる機能を追加
  • 写真に映った人物を顔認識して、該当人物のアルバムを自動作成できる機能を追加
  • 写真の背景などを分析して、場所を自動で識別できる機能を追加
  • AIが自動作成したアルバムからショートムービーを作成できるメモリー機能を追加

マップアプリ

7

  • マップアプリ全体のデザインを刷新
  • スケジュールなどを分析して、次にいくべき場所などを提案する機能Proactivを追加
  • ナビゲーションで渋滞情報の取得が可能になる
  • ナビゲーションで交差点ではズームインし、通常時はズームアウトする仕様に変更
  • ナビゲーション中に下から上にスワイプすることで、周辺検索ができる機能を追加
  • ナビゲーションの新機能はCarPlayにも対応
  • マップアプリの機能拡張(サードパーティーアプリとの連携)が可能になる

ミュージックアプリ(Apple Music)

8

  • ミュージックアプリ全体のデザインが刷新
  • Apple Music配信曲の歌詞表示機能を追加
  • Discovery Music(新しい音楽の発見)機能を追加

ニュースアプリ

9

  • ニュースアプリ全体のデザインが刷新(トップストーリー、人気のニュース、スポーツなどのセクション形式に)
  • サブセクション(購読)機能を追加
  • ニュースアプリ内での定期購読が可能になる(定期購読を登録したニュースは新着ニュースが通知で届く)
  • HomeKit

    10

    • 新たにカメラやドアロックなどの制御が可能になる
    • HomeKitの各種アイテムを1タップで操作できる専用アプリ「Home」が提供が発表
    • HomeKitとSiriが連携可能になり、「おはよう」と声を掛けると電動カーテンなどが自動で開くようになる
    • コントロールセンターがHomeKit操作をサポート

    電話アプリ

    11

    • Siri留守番電話の内容をテキスト文面に変換する機能を追加(voicemail)
    • 留守番電話スパムを自動検出/認識する機能を追加(中国で流行っているようです)
    • VoIPのAPIが公開となり、VoIPでの通話も標準電話アプリ感覚で利用可能になる(ciscoがパートナー)

    メッセージアプリ

    12

    • リッチリンク機能が追加され、URLを貼り付けるとサムネイルや冒頭文が表示されるようになる(ビデオのインライン再生にも対応)
    • メッセージアプリ内で写真やビデオの撮影ができる機能を追加
    • 絵文字を3倍に拡大できる機能を追加
    • 入力した文章内の単語を1タップで絵文字に変換できる機能を追加
    • 受信したメッセージに対してアクション(いいね!など)を送信することが出来る機能を追加
    • 吹き出しにエフェクト効果を掛けることができる機能を追加(画面をスワイプすることで文字が表示されるモザイクエフェクト等)
    • メッセージのやり取りで手書き文字を挿入できる機能を追加
    • 心拍数やイラストを送信することができるデジタルタッチ機能を追加
    • 画面全体を使ったフルスクリーンエフェクト機能を追加(背景に風船を飛ばすなど)
    • iMessage APIが公開となり、メッセージアプリの機能が拡張可能になる(吹き出し内の画像に直接スタンプを押せる機能の追加など)

    その他

    • ノートを複数人で編集できる機能を追加
    • ライブフォトを編集できる機能を追加
    • iPadのSafariで画面分割できる機能を追加
    • WWDC 2016では発表できない、その他新機能も多数あるとのこと

    対応機種

    • iPhone 6s
    • iPhone 6s Plus
    • iPhone 6
    • iPhone 6 Plus
    • iPhone SE
    • iPhone 5s
    • iPhone 5c
    • iPhone 5
    • iPad Pro 12.9-inch
    • iPad Pro 9.7-inch
    • iPad Air 2
    • iPad Air
    • iPad 4th generation
    • iPad 3rd generation
    • iPad 2
    • iPad mini 4
    • iPad mini 3
    • iPad mini 2
    • iPad mini
    • iPod touch 6th generation
    • iPod touch 5th generation

    セッションの最後には

    iOS 10でもセキュリティ(プライバシー保護)を重要視しており、端から端まで暗号化していることや、AIによる分析などは全てデバイス内で解決している点などを伝えていました。またiOS 10のリリース時期は秋になるとのことです。

    WWDC 2016の関連記事

    【速報】macOS SierraがWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ【速報】macOS SierraがWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ

    【速報】watchOS 3がWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ【速報】watchOS 3がWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ

    【速報】新tvOSがWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ【速報】新tvOSがWWDC 2016で正式発表 新機能と変更点のまとめ

    画像引用及び参考元:Apple

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top