楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac/iPhone】ユニバーサルクリップボードの設定と使い方 macOS SierraとiOS 10連携技

ios10_sierra
スポンサードリンク

今回はMac(macOS Sierra)とiPhone(iOS 10)で利用することが出来る連携技、ユニバーサルクリップボードの設定と使い方を解説します。私の環境では中々連携が出来ず四苦八苦したので、連携時のトラブルシューティングも併せてご紹介します。

ユニバーサルクリップボードに必要なハードウェア条件

ユニバーサルクリップボードを使用するには、MacがmacOS Sierra、iPhoneがiOS 10であることに加え、Macについては下記条件を満たすモデルでのみユニバーサルクリップボードの使用が可能です。

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • MacBook Air(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)

ユニバーサルクリップボードの設定方法

  1. iPhoneとMacで同一のApple IDでサインインをする。
    iPhone:「設定」→「iCloud」
    Mac:「設定」→「iCloud」
  2. 1_universal_clip_board

  3. iPhoneとMacのBluetoothとWi-Fiをオンにする。
    iPhone:「設定」→「Bluetooth」→オン / 「設定」→「Wi-Fi」→「オン」
    Mac:「設定」→「Bluetooth」→オン / 「設定」→「ネットワーク」→「Wi-Fi」→「オン」
  4. 2__universal_clip_board

  5. iPhoneとMacの”Handoff”をオンにする。
    iPhone:「設定」→「一般」→「Handoff」→「オン」
    Mac:「設定」→「一般」→”このMacと〜Handoffを許可”を「オン」
  6. 3__universal_clip_board

  7. 上記設定をすることで、iPhoneとMacのクリップボードにコピーした内容を2分間共有することができます。
  8. 5_universal_clip_board_up

ユニバーサルクリップボードが動作しない場合

ユニバーサルクリップボードが動作しない場合、次の対処を順に試してみてください。

  1. iPhoneとMacのBluetoothを一度オフにして再度オンにする。
  2. iPhoneとMacのWi-Fiを一度オフにして再度オンにする。
  3. iPhoneとMacでiCloudから一度サインアウトし、再度サインインする。
  4. iPhoneとMacを再起動する。
  5. Macで「設定」→「iCloud」→「どこでもMy Mac」をオンにする。
  6. iPhoneとMacを再起動する。

Googleで「sierra universal clipboard not working」などのキーワードで調べていると、”どこでもMy Mac”をオンにすることで改善したとの情報があったので、半信半疑ながらもオンにして再起動してみたところ、ユニバーサルクリップボードが動作しました。

もし上記以外の方法で改善したケースなどあれば、是非コメントして頂けますと幸いです。

4_universal_clip_board

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top