楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS10】iPhoneを手に持つと勝手にスリープが解除される場合の対処方法

083_iOS10
スポンサードリンク

iOS10では、iPhoneを手に持った際に生じる傾きを感知して、自動でスリープを解除できる機能「手前に傾けてスリープ解除」が追加されました。

ホームボタンやスリープボタンを押下せずにスリープを解除でき便利ではあるものの、単にiPhoneを手に取り移動をする時にもスリープが解除されてしまうため、ディスプレイの消灯〜点灯の繰り返しによって、不必要にバッテリーを消耗してしまう原因にも繋がっています。

手に取る度にスリープが解除されてしまう。

手に取る度にスリープが解除されてしまう。

設定「手前に傾けてスリープ解除」をオフにして解決

iPhoneを手に取ってもスリープが解除されないようにするには、次の設定を変更してください。

  1. 「設定」→「画面表示と明るさ」→「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする。
  2. 2_sleep-auto-lock

もしiOS10或いはiPhone7を使い始めてから、バッテリーの消耗が激しく感じるのであれば、試しに「手前に傾けてスリープ解除」をオフにして数日間使ってみてください。iPhoneを頻繁にデスクに置いたり手に取る頻度が多い方であれば、恐らく改善するはずです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top