楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS10】iPhoneでSiriのサードパーティー製アプリへのアクセスを許可する方法

siri-20170205
スポンサードリンク

iOS10では、iPhoneのSiriで一部のサードパーティー製アプリを操作することが出来るようになりました。

iOS10がリリースされてから約半年経過したものの、未だSiriに対応したサードパーティー製のアプリが少ないこともあり、あまり話題にはなりませんが、徐々にアップデートによってSiri対応のアプリも増えてきてはいるので、一度Siriのアクセス許可設定を見直してみると良いかもしれません。

「インストール済みのアプリが気づかないうちにSiriに対応していた」なんてことも多々あります。

ちなみに有名どころの次のアプリたちはSiriに対応しています。

Siriがサードパーティー製アプリにアクセスできるよう許可をする方法

  1. 「設定」→「Siri」をタップ。
  2. 1_siri-20170205_up

  3. 「Appサポート」をタップ。
  4. 2_siri-20170205_up

  5. Siriにアクセス許可を与えるアプリをタップしてトグルをオン(緑)にする。
  6. 3_siri-20170205_up

  7. サードパーティー製アプリをSiri経由で利用することが出来るようになります。(スカイプであれば”スカイプでXXにメッセージ”や”スカイプでXXに電話を掛ける”など)
  8. 4_siri-20170205_up

  9. なおアクセス権限を与えていない状態でサードパーティー製アプリを起動すると、下記画像のようにアクセス許可を求められます。またアプリによってはSiriで操作ができる機能が少ない場合もあり、最終的にはアプリの起動に誘導されるケースもあります。
  10. 5_siri-20170205_up

すっかり他の新機能に埋もれてしまった感が否めない、Siriのサードパーティーアプリ対応ですが、普段使っているアプリがSiriに対応していると、思った以上に便利になるケースもあるので、是非一度アクセス許可の設定を見直してみてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top