楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS10.3でiCloudサービスの一部が勝手にオンになる問題が見つかる

【iPhone】iOS10.3でiCloudサービスの一部が勝手にオンになる問題が見つかる
スポンサードリンク

iOS10.3にアップデートした一部のユーザーにおいて、アップデート前にオフにしていたiCloudサービスが、勝手にオンに変更されている場合があるとして、Appleが少数のユーザーに案内メールを送付しているようです。

iOS10.3にアップデートした場合はiCloudサービスの見直しを

MacRumorsの読者であるKarl氏によると、AppleからiOS10.3でiCloudサービスの設定が変更されている場合があるとして、iCloudサービスの設定を見直すよう、次のメールが届いたとのことです。

We discovered a bug in the recent iOS 10.3 software update that impacted a small number of iCloud users. This may have inadvertently reenabled some iCloud services that you had previously disabled on your device.

We suggest you go to iCloud settings on your iOS device to make sure that only the services you’d like to use are enabled.
Learn more about how to manage your iCloud settings or contact AppleCare with any questions.

The iCloud team

(意訳)最近のiOS 10.3ソフトウェアアップデートで、少数のiCloudユーザーに影響のあるバグを発見しました。これにより、以前はデバイスで無効にしていたiCloudサービスが、誤って再度有効化された可能性があります。

iOSデバイスのiCloud設定から、使用するサービスのみが有効になっていることを確認することをおすすめします。
iCloud設定の管理方法や、Apple Careに関する質問方法については、こちらをご覧ください。

iCloudチーム

引用:MacRumors

なおAppleによると、iCloudフォトライブラリとキーチェーン、iPhoneを探すはこの問題の影響を受けていないとのことです。

またこの問題は最新のiOS10.3.1アップデートで修正されており、iOS10.3未満のデバイスをiOS10.3.1にアップデート(iOS10.3を飛ばす形でのアップデート)する場合は、このバグの影響を受けないとのこと。

もしiOS10.2.1 → iOS10.3 →iOS10.3.1のようにアップデートを進めているのであれば、設定最上段のアカウント名iCloudから設定の見直しをした方が良さそうです。

iCloudサービスの設定変更方法

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top