楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS10】iPhoneのホームボタンの反応が遅いのは「ショートカット」が原因かも

083_iOS10
スポンサードリンク

iPhoneのホームボタンの反応が鈍く、マルチタスク画面の起動する際にもたつきを感じることはありませんか?旧機種のデバイスであればスペックの問題も考えられますが、iPhone 7などでも“ホームボタンのショートカット機能”を使用していると、ホームボタンを使う全般の動作にもたつきが生じます。

もしホームボタンのショートカットに”Assistive Touch”などを設定している場合は、設定を見直すことで、ホームボタンの反応が大きく向上する可能性があります。

ショートカット機能はホームボタンの動作を大きくもたつかせる

ショートカット機能の使用有無で、マルチタスク画面の起動シーンを比較してみました。いかにショートカット機能がホームボタンのもたつきの原因になっているかがわかります。

左:ショートカット機能がオフ 右:ショートカット機能がオン

左:ショートカット機能がオフ
右:ショートカット機能がオン

ホームボタンの「ショートカット」をオフにする

  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」
  2. th_1_homebutton

  3. 「ショートカット」をタップし、Assistive Touchなど全ての項目のチェックを外す。
    ※ アクセスガイドにチェックが入っている場合は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」をオフにしてください。
  4. th_2_homebutton

上記手順でショートカット機能をオフにすることで、体感でわかるレベルでホームボタンの反応速度が向上した(iPhone 7/iOS 10.0.2使用)ので、ホームボタンの反応が遅く感じる場合は、是非設定を見直してみてください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top