楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS10】iPhoneの睡眠分析機能「ベッドタイム」の使い方について

bedtime
スポンサードリンク

iOS10では、時計アプリに睡眠分析機能「ベッドタイム」が追加されました。ベッドタイム機能は従来のアラーム機能に加え、就寝時間前の通知や睡眠時間の記録管理をすることができるようになった、進化した目覚まし時計とも云える機能になっています。

ベッドタイム機能の初期設定方法

  1. ベッドタイム機能は、標準時計アプリの下段メニューバーより使用することができます。初回のみ「開始」をタップして、初期設定をする必要があります。
  2. 1_bedtime_up

  3. 起床時間、アラームを動作する曜日、必要な睡眠時間を入力することで、自動的に就寝時間が設定されます。
  4. 2_bedtime_up

  5. 就寝時間前のリマインダーを届ける時刻と、アラーム音を選択することでベッドタイムの設定は完了です。
  6. 3_bedtime_up

ベッドタイムの就寝時間・起床時間・アラームを鳴らす曜日の変更方法

  1. 就寝時間や起床時間を変更する場合は、ベッドタイム画面の”月”と”アラーム”のアイコンを左右にドラッグすることで調整することができます。
  2. 7_bedtime_up (1)

    スポンサードリンク

  3. アラームを鳴らす曜日やリマインダーの時刻を変更する場合は、左上の「オプション」から変更することができます。
  4. 8_bedtime_up

就寝時間が近づくとリマインダーが届き、アラームはスヌーズ機能付き

  1. 就寝時間が近づくとリマインダー通知が届きます。通知を押すと“10分後に通知”或いは“今すぐ就寝”を選ぶことができるので、その時に応じた項目をタップしてください。
  2. 4_bedtime_up

  3. 起床時間になるとアラームが鳴るので、すぐに起きるのであれば「停止」をタップしてください。
    ※ スヌーズをタップすると一定時間経過後にアラームが再び鳴り出します。(二度寝防止)
  4. 5_bedtime_up

睡眠時間を見なおして、自分に最適な睡眠時間を探る

もし「先週は体調が悪かったなぁ」「何だか今週は体が気だるい」と感じた時には、ヘルスケアで睡眠時間を見直すことで、体調改善の糸口が見えてくるかもしれません。

ベッドタイム画面の睡眠分析グラフをタップすることで、ヘルスケア上で日別、週別、月別、年別で睡眠時間を確認することができるので、自分の身体に合ったベストな睡眠時間や就寝時刻を見つける際に活用してみてください。

6_bedtime_up

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top