楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「バックアップを暗号化」のチェックが外せず暗号化を解除出来ない原因について

iphone-backup-20170530 (1)
スポンサードリンク

iPhoneのバックアップは、通常バックアップと暗号化バックアップの2種類がありますが、今回はiTunesで「バックアップを暗号化」を解除する際に外す必要がある、“チェックマーク”が外れない原因と対処方法について解説します。

iTunesで「バックアップの暗号化」のチェックが外れない原因について

iPhoneで一定の条件を満たしてしまうと、下記画像のようにiTunesで「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックマークがグレーアウトしてしまい、常に暗号化バックアップしか取れない状態になります。

1_iphone-backup-20170530_up

「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックマークがグレーアウトする問題は不具合では無く、iPhoneに「強制的に暗号化バックアップ」を含む、プロファイルがインストールされている可能性が考えられます。

2_iphone-backup-20170530_up

暗号化バックアップを強制しているプロファイルを削除する方法

強制的に暗号化バックアップをするよう設定しているプロファイルは、次の手順で削除することができます。

  1. iPhoneの設定一般プロファイルから、順にバックアップに影響を与えているプロファイルが無いか探していきます。
  2. 3_iphone-backup-20170530_up

  3. プロファイルを開き機能制限をタップするとプロファイルの内容が表示されるので、「バックアップ作成時には暗号化が必須です」といった制限が表示されていないか、全てのプロファイルを確認してください。
  4. 4_iphone-backup-20170530_up

  5. インストールしているプロファイルの中で、暗号化を強制しているプロファイルを見つけることができたら、プロファイルの画面でプロファイルを削除をタップすることで、強制暗号化バックアップを解除することができます。
  6. 5_iphone-backup-20170530_up

  7. プロファイル削除後にiTunesを確認すると「iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックが外せる状態になっているはずです。
  8. 6_iphone-backup-20170530_up

個人でiPhoneを購入し使う分には、ほとんどの場合は「強制的に暗号化バックアップ」を含むプロファイルをインストールする機会は無いかと思います。

ただ、iPhoneに詳しい知人に初期セットアップをお願いした場合や、親や家族から貸与されているiPhoneなのであれば、良かれと思い「強制的に暗号化バックアップ」がオンになっていることもあるかもしれません。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top