楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「アクティベーションロックのステータス確認」ページが削除される

icloud-20170129 (1)
スポンサードリンク

AppleがiPhoneのアクティベーションロックの状態をウェブから確認することができる、「アクティベーションロックのステータス確認」をサポートページから削除していることが9To5Macにより明らかになりました。

「iCloud内にページが見つかりません」と表示されるように

1_icloud-20170129 (1)

これまではアクティベーションロックを確認することができた「https://www.icloud.com/not_found/」にアクセスすると、既に該当ページが削除されているようで“iCloud内にページが見つかりません”といったエラーが表示されます。

一時的な不具合などよる影響では無いようで、米Appleサポートページでは「アクティベーションロックのステータス確認」に関する記述(赤字部分)が削除されています。

How do I check for Activation Lock before purchasing a used device?

When you buy an iPhone, iPad, iPod touch, or Apple Watch from someone other than Apple or an authorized Apple reseller, it is up to you to ensure that the device is erased and no longer linked to the previous owner’s account.

You can check the current Activation Lock status of a device when you visit icloud.com/activationlock from any Mac or PC.

引用:Find My iPhone Activation Lock

日本のサポートページは未だ更新されていないものの、近日中にも米Appleサポートページと同じように「アクティベーションロックのステータス確認」に関する記述(赤字部分)が削除されるものと思われます。

中古デバイスを購入する際にそのデバイスがアクティベーションロックされていないか確認するには?

Apple や Apple 製品取扱店以外から iPhone、iPad、iPod touch、または Apple Watch を購入する際には、デバイスのデータが消去されており、デバイスが前の持ち主のアカウントにリンクされていないことをご自分でご確認ください。

Mac または Windows パソコンで icloud.com/activationlock にアクセスすると、デバイスのアクティベーションロックの現在のステータスを確認できます。

引用:「iPhone を探す」のアクティベーションロック

これまでは手元にデバイスが無くても、リモートでアクティベーションロックのステータスを確認することが出来ましたが、今後はデバイス直接操作して次の方法で調べるほか無さそうです。

  1. デバイスの電源を入れ、スライドしてロック解除します。
  2. パスコードロック画面またはホーム画面が表示される場合、デバイスのデータは消去されていません。販売店に頼んで、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップしてデバイスのデータを完全に消去してもらいます。データが完全に消去されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。
  3. デバイスの初期設定が始まります。
  4. 言語を選択し、国を選択して、ネットワークに接続した後、デバイスのアクティベーションが開始します。前の持ち主の Apple ID とパスワードの入力を求められる場合は、そのデバイスはまだ前の持ち主のアカウントにリンクされています。デバイスを販売店の店員に渡してパスワードを入力してもらいます。前の持ち主がその場にいない場合は、icloud.com/find にサインインして、アカウントからデバイスを削除してもらいます。前の持ち主のアカウントからデバイスが削除されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。

引用:「iPhone を探す」のアクティベーションロック

フリマやオークションでデバイスを購入する場合、アクティベーションロックが掛かった端末を掴ませられないように、次の方法で自己防衛する必要がありそうです。

  1. 売り手側にシリアル番号とIMEIスクリーンショット或いは写真を提示してもらう(設定→一般→情報)
  2. IMEIを使って赤ロムでは無いか確認する(詳細は”中古のiPhoneを買う時は必ずIMEI番号で赤ロムではないか確認をしよう“で解説しています)
  3. 「iCloudからサインアウトして”すべてのコンテンツと設定を消去”したこと」を買い手側に確認する。

Appleがなぜ“アクティベーションロックのステータス確認”を削除したかは不明ですが、また復活することを願うばかりです。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top