楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】位置情報サービスが使えない時に確認すべき2つの設定

cat
スポンサードリンク

今回はiPhoneの位置情報サービスが使えない時に確認すべき2つの設定を解説します。
位置情報サービスの設定を誤っていると..

  • マップのナビが使えない
  • SNSで位置情報を付加出来ない(例:Facebookのチェックイン等)
  • カメラで撮影した写真に位置情報が付加されない(アルバムから撮影地を振り返りたい人には致命的)

等、基本的に「位置情報」を使う機能については正常に動作しなくなります。
また「アプリを一旦最小化すると挙動がおかしくなる」といった場合も、これから解説する設定が誤っている可能性があります。

マップだとわかりやすいエラーが表示されますが、AppStoreでリリースされている物の中には具体的に案内表示が無い物もあります。
th_th_IMG_6674

位置情報サービス重要な2つの設定

「設定」→「プライバシー」をタップ。
th_th_IMG_6669

「位置情報サービス」をタップ。
th_th_IMG_6670

「位置情報サービス」がオンになっている事を確認する。
オフの場合はタップするとオン(緑)になります。
th_th_IMG_6671

位置情報サービス画面を下にスクロールさせ、位置情報サービスが正常に使えないアプリをタップ。
th_th_IMG_6672

目的に応じて「このAppの使用中のみ許可」か「常に許可」をタップ。

※ 2つの違い
・「このAppの使用中のみ許可」→ アプリを起動(アクティブ)にしている状態でのみ動作します。
・「常に許可」→ アプリを最小化にしてもバックグラウンドで位置情報を取得し続けます。
th_th_IMG_6673

基本的にこれら2つの設定が正しければ正常に動作します。
位置情報が結果と大分ズレている..なんて時は、また別の設定が問題かもしれません。
コチラについては追々別記事で解説します。

つぶやき

kogoto_prof
GPSって本当に便利ですよね。
iPhoneのGPSは精度も中々良く、よっぽど電波が悪くない限りはズレた事はありません。
改めて今の技術って凄いなーなんて感心してしまいます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top