楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】位置情報サービスが使えない時に確認すべき2つの設定

スポンサードリンク

今回はiPhoneの位置情報サービス(GPS)が使えない時に、確認すべき2つの設定について解説します。

位置情報サービスの設定に誤りがあると、ナビやマップアプリが使えなかったり、SNSで位置情報が付いた情報を投稿できなかったり、写真にGPS情報が付加されない状態になったりと、現在地(位置情報)を利用するアプリが正常に動作しなくなる場合があります。

またその類のアプリを最小化し、再び起動した際に挙動がおかしくなる場合(ナビアプリであれば現在地のマーカー位置が不安定になるなど)も、位置情報サービスの設定に誤りがある場合があります。

th_th_IMG_6674

位置情報サービスに関する2つの重要な設定について

iPhoneでは位置情報サービスに関する設定は2種類用意されています。

1つは次の「位置情報サービスそのもの」に関する設定項目。

  1. 設定プライバシーをタップ。
  2. th_th_IMG_6669

  3. 位置情報サービスをタップ。
  4. th_th_IMG_6670

    スポンサードリンク

  5. 位置情報サービスがオンになっている事を確認する。
  6. th_th_IMG_6671

もう1つは、「アプリ単位の位置情報サービス」に関する設定項目。

  1. 位置情報サービスで、位置情報サービスが使用できないアプリをタップ。
  2. th_th_IMG_6672

  3. 目的に応じてこのAppの使用中のみ許可常に許可をタップ。
  4. 備考
    ・「このAppの使用中のみ許可」→ アプリを起動(アクティブ)にしている状態でのみ動作します。
    ・「常に許可」→ アプリを最小化にしてもバックグラウンドで位置情報を取得し続けます。

    th_th_IMG_6673

基本的には、上記2つの設定に問題が無ければ、位置情報(GPS)を正しく取得することができます。

もし上記設定を見直しても改善しない場合は、iOSアップデートによる不具合、アプリのアップデートによる不具合である可能性も考えられるので、コメント欄にて詳しい状況を教えて頂ければ、時間の合間を使って調査するので、お気軽にコメントください。

コメントの例
iOS 10.3.Xにアップデートしたところ、アプリXXXで位置情報が取得されなくなった
アプリXXXをアップデートしたところ、位置情報サービスが取得されなくなった
アプリXXXで突然位置情報が利用できなくなった
…など。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iOS.10.3.3でアップデートしたところ、アプリのグーグル地図とポケモンgoの位置情報が習得されない

  2. iPhone6を使ってます。iOS10までは地下鉄車内にいても駅につくたびにGPS以外の方法で位置を取得していました。
    ところが11になってからは完全にGPS(地上)でしか取得してくれず、地下鉄の車内では駅に着いても全く動きません。
    降りる駅の地上近くまできてやっと移動する感じです。
    これはGPS以外での取得方法が機能しなくなったんではないでしょうか?友人も同じ症状になってますので端末の問題とは考えにくいです。調査お願いします

  3. アイフォン7を使用しています。ios11.2.5にアップデートしたら「友達を探す」で「位置情報がありません」や何時間も前にいた位置情報が通知されます。設定では位置情報オンにしていますが何故ですか?対処法お願いします。

  4. iPhone6
    バージョン11.2.6
    グーグルマップでナビを設定しても、地図がたまにしか動かないです。。。
    Yahoo!カーナビでも同じ現象が頻発します。
    一場サービスはオンになっています。。
    原因がわかりません、、、
    ご教授お願いします。

  5. iPhone8
    iOS最新になっています。
    位置情報共有の相手はAndroidです。
    相手の位置情報は常に更新されて見れるのですが向こうには私の位置情報が更新されずに数時間前のままです。2つのチェックポイントもonになっています。iPhoneでGoogleマップを開くとAndroid側で位置情報がたった今と更新されていますが開かないと更新されず最後に開いた時のままになります。どうしたらいいのでしょうか…

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top