楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【新機能】Gmailのタブ機能の設定とiPhone版Gmailの使い方

002
スポンサードリンク

Gmail: Google のメール
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

iOS版Gmailアップデート

iOS版Gmailがアップデートされました。
新機能としては以下の通りです。

  • 自動カテゴリ分類に対応
  • アカウント毎に通知設定の追加

自動カテゴリ分類(タブ機能)がすごい!

このタブ機能を使うと以下のことができるようになります。
tab_bunrui

フォーラムカテゴリーは自分自身で設定することが可能です。
また、iOS版Gmailでは「全てのメールを通知する」か「メイン(分類されないような個人的なメール)」のみ通知するといった設定ができるので、iPhoneで確認しなくても良いようなメールがきても通知をしないようにすることができます。

iOS版Gmailでタブ機能(カテゴリ自動分類)を使うためにはWEBからの設定が必須!

iOS版Gmailでタブ機能を使うためにはWEBのGmailから設定をする必要があります。
少々複雑ですので、WEB版の設定方法から解説します!

Gmail(WEB)でタブ機能を有効にする!

まずGmailを開いてログインし、右上の方にある「歯車」アイコンをクリックします。
001_setting

次にメニューが表示されるので、受信トレイを設定をクリック。
002_setting_cat

有効にするタブを選択する画面が表示されるので、任意のものにチェックをいれて保存をクリック。
004_cat

最後に「保存」をクリックするとタブ機能が有効になります!

タブ「フォーラム」をカスタマイズする

フォーラムという名前のタブ(カテゴリ)は自分自身でフィルタ設定することでオリジナルのタブを作る事ができます。
例えばメーリングリストを登録すると便利かもしれません。
今回は当サイト「SBAPP」から自動送信されるメールを振り分けるよう設定してみたので、例として紹介します

まずGmailを開いてログインし、右上の方にある「歯車」アイコンをクリックします。
001_setting

メニューが表示されるので「設定」をクリック。
003_setting_setting

次にメニューにある「フィルタ」をクリックし、「新しいフィルタを作成」クリック。
005_setting_filer

フィルタ内容を入力し、完了次第「この検索条件でフィルタを作成」をクリック。
007_filter

次に適用するカテゴリにチェックを入れてカテゴリを選択し終えた後に「フィルタを作成」をクリックで完了です!
006_filter

※フィルターにかかるメールは既読とする場合やラベルやスターを付ける場合は対応するチェックボックスにチェックを付けましょう!


設定した後は、フィルタにかかるメールを受信した時は「フォーラム」タブ内に表示されます。
008_filer

アップデートしたGmailでタブ機能を有効にしたアカウントを見ると・・?

上記の方法でタブ機能を有効したアカウントでGmailを起動すると、タブメニュー(自動カテゴリ)が表示されます。
実際に中をみてみるとソーシャルネットワークにはTwitterやYoutubeなどが受信していました。
新着(アップデート)には決済に関連するメールが表示されていました。
自動分類の精度が高く、不便に感じる事はありません。

通知する範囲を絞る

Gmailを使用しているとメールの受信数が増えがちになります。
通知の度にiPhoneが「ピロン♪」と通知されると鬱陶しいと思う事はありませんか?
今回のアップデートで「メイン」に振り分けられたメールを受信した場合のみ通知か、従来通りの全て通知どちらかを選択できるようになりました。
iPhoneでは個人間のメールしかすぐに確認したくない・・という人は是非メインのみを通知してみてはいかがでしょうか?
この設定をすることで通知が減り、鬱陶しさも軽減しました。

通知設定

メイントレイで右にスワイプすると左にメニューが現れます。
アカウント名の右横の歯車アイコンをタップして、通知を任意のものをタップして選択するだけでOKです。
001002003

これは便利!

このタブ機能を実際につかっていますが、慣れると便利です。
カテゴリ毎に通知設定をする事が出来る点が便利です。
長々となりましたが是非みなさんタブ機能を使ってみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top