楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iPhone 6以降のバッテリー交換費用5,600円の返金条件と手続き方法

スポンサードリンク

Appleが2017年1月1日〜12月28日の期間中に、iPhone 6以降の機種で保証対象外の有償バッテリー交換を行ったユーザーに対して、当時の修理費用となる5,600円の返金の発表と案内メールの送付を開始しています。

5,600円の返金を受け取る条件について

今回Appleが発表した「iPhone 保証対象外バッテリー交換クレジット」によると、5,600円の返金を受け取るには次の条件を全て満たす必要があります。

スポンサードリンク

  • 2017年1月1日〜12月28日までに保証対象外バッテリー交換サービスを有償(5,600円)で受けたこと
  • 保証対象外バッテリー交換サービスを受けた機種がiPhone 6以降※1であること
  • Apple Store直営店やAppleサポート、Apple正規サービスプロバイダなど、正規の方法で修理したこと

非正規のスマートフォン修理事業者でのバッテリー交換、iPhoneの保証対象でバッテリー交換をした場合は返金の対象外となるので注意してください。

今回の返金は「正規の手段でバッテリー交換を保証対象外(有償)で受けたユーザー」が対象となります。

※1 iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xが該当。

返金の手続きと返金方法

昨年の期間中にiPhone 6以降で保証対象外バッテリー交換サービスを有償(5,600円)で受けた場合は、2018年7月27日までにAppleから返金の受取方法が記載された案内メールが届くようです。

もし期間内にAppleから返金の案内メールが届かない場合は、年内中にAppleサポートに返金案内のメールが届かない旨を連絡することで、返金の手続きが出来るとのこと。

ただし、修理実績の確認のために修理を証明できる書類が必要になる場合があるようなので、修理を証明できる書類が手元にある場合は破棄せずに引き続き保管した方が良さそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top