楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】バッテリー交換はAppleCare+保証期間中であれば診断不問で無料交換の対象

battery-service_20180106 (2)
スポンサードリンク

先日AppleがiPhone 6以降のバッテリー交換を税別3,200円で開始した件をお伝えしましたが、AppleCare+の保証期間内であれば無償交換となるようです。

診断結果は不問、バッテリー駆動時間を延ばす提案を受けることも

AppleCare+でiPhoneのバッテリーを交換する場合、新品のバッテリーと比べ最大容量が80%未満である必要がありますが、2018年中は診断結果が80%以上であっても交換対応となります。

iPhoneの製品保証が切れている場合やAppleCare+に加入していない場合は、税別3,200円で交換が可能です。

iPhoneのバッテリーを交換する場合、本来はAppleが定める劣化基準を満たす必要がありますが、今後一年間はバッテリーの状態やApple Care+加入有無の関係無しに、税別3,200円でバッテリー交換ができることが明らかになりました。

Appleが発表した声明(iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと)には、AppleCare+加入時の対応について明記されていませんが、Appleに確認したところによると、AppleCare+の保証期間内であれば、バッテリーの診断結果を問わず無償交換となるようです。

もしバッテリーの診断結果が80%を上回る状態で、iPhoneの動作が不安定な場合やバッテリーの駆動時間が著しく短い場合は、ひとまず設定の変更で動作や挙動の変化が起きるか確認するような案内をしているようです。

その為、Appleサポートにバッテリー交換を申し出たとしても、担当スタッフによってはバッテリー交換までにスムーズに辿り着かない場合もあるかもしれませんが、最終的には「設定を変更しても動作が改善しない」あるいは「今後iPhoneを使う上で不安が解消されない」といったことであれば、バッテリー交換を行っているようです。

Appleサポートに連絡をする

関連記事

【iPhone】バッテリー交換を3,200円で受付中 バッテリー診断結果も不問で対応【iPhone】バッテリー交換を3,200円で受付中 バッテリー診断結果も不問で対応

(最終更新:2018年1月17日)コメント2件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Apple による診断を実施し, バッテリーの残量が80%以下でなければ AppleCare+ の保証範囲内による無償修理の対象とはなりません. この対象でない場合, お客様は保証対象外のバッテリーサービス費用にて交換が可能です. 記事を訂正をお願いいたします.

    • 記事の内容はAppleサポートに直接確認した上で掲載しています。
      また実際にApple Care+期間中に診断結果(80%未満)を満たさない場合でも、無料で交換出来たとの声もあります。(記事中にTwitterの埋め込みを追記しました)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top