楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone6/Plus】通常の動画よりも滑らかな60fpsモードで録画撮影する方法

cat
スポンサードリンク

今回はiPhone6、iPhone6Plusで通常の動画撮影よりも滑らかな60fpsでの動画撮影方法をご紹介します。
意外とこの設定項目を知らない人も多いかもしれません。

通常iPhoneの動画撮影は30fpsで撮影されているのですが、設定を変えることによって60fpsで撮影する事が出来ます。
60fpsに設定すると、かなり滑らかでカクつきが少ない動画を撮影する事が出来ます。

30fps、60fpsの「fps」って何?

今回重要なのが「fps」という単位。
fpsとはframe per secondの略で、1秒で何枚画像を書き換えているかを表す単位です。
「動画なのに画像?」と思われる方もいるかもしれませんが、動画はパラパラ漫画と同じ要領で、幾つもの画像を連続表示する事によって、あたかも画像が動いているかのように人間は錯覚します。
この30fpsの30の値が大きくなる程、1秒当たりの画像枚数が多い=動画滑らかになるという事になります。

Youtubeで、わかりやすい比較動画がアップされていたのでご紹介します。
これはiPhone6Plusで、30fps(左)と60fps(右)で撮影した動画をわかりやすくスローで比較した物です。
60fps(右)のほうがカクカクしていない事がわかります。

映像の滑らかさは確かに上がるんですが、その分動画自体のファイル容量が増えてしまうというデメリットもあります。

設定方法

設定 → 写真とカメラをタップ。
th_IMG_4594

60fpsでビデオを撮影をオンにする。
th_IMG_4595

後は通常通り、カメラを起動して録画するだけでOKです。

つぶやき

kogoto_prof
iPhoneの容量が余っている方であれば是非60fpsで動画の撮影をしてみてはいかがでしょうか?
何か思い出作り(旅行等)の時だけ、滑らかで美麗な動画を残しておきたい!なんて時にも便利です。
是非一度60fpsの滑らかさを体感してみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top