楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【標準電卓】iPhoneのプリセットアプリ「計算機」を使いこなす

004
スポンサードリンク

iPhoneのプリセットアプリ「計算機」

iPhoneのプリセットアプリの電卓「計算機」を使いこなしていますか?
意外と計算機は機能が豊富で正直「計算機」だけで充分なレベルです。
実は関数やメモリ機能、桁の修正まで出来るので改めて解説します!

数値のコピーとペースト

001


計算機の数値表示部分を長押しするとコピー&ペーストのメニューが表示されます。
計算結果をメールで送信する場合やメモとして残す場合はこの機能でコピーしてサクッと記録!

入力した数値を1桁戻す

002


計算中に間違えた数値をタップしてしまい、諦めて「C(クリア)」ボタンをタップして1からやり直した事はありませんか?
そんな時は「クリア」をせずに、数値表示部分を左右どちらかにスワイプしてみましょう!
1桁ずつ修正することが可能です。

使い慣れないボタン「m」

003


通常の電卓にも搭載されている事が多い「m」ボタン
意外とこのボタンの使い道がわからない方もいると思います。

  • 「mc」 → メモリークリア
  • 「m+」 → メモリープラス
  • 「m-」 → メモリーマイナス
  • 「mr」 → メモリーリコール

メモリーってなんだろう?って思う方もいると思います。
メモリーはPCやスマートフォン等に搭載されているあらゆる数値やデータを記憶しておく部分です。
大雑把に覚えておくだけで充分だと思います。
もっと細かく気になる方は是非調べてみてくださいね。

メモリ系ボタンの使い方

このメモリボタンは複数の計算結果同士を加算する時に使うと便利です。
例えば以下のような使い方。

例:1日の交通費 → 片道200円の電車賃往復分と片道260円のバス賃往復分の加算結果
※[ ]内は実際にタップするボタン

-順序-
[mc] ※最初にmcで念のためメモリをクリアします。

[2][0][0] [×] [2] [=] 400 [m+]

[2][6][0] [×] [2] [=] 520 [m+]

[mr]

920

文字で書くとちょっと複雑そうですが、実際に上の通り1度入力するとわかると思います。
意外と便利な機能なので是非覚えてみてください!

関数電卓だって!

004

計算機には関数機能も実装されています。
でも実際に切り替えるようなボタンが見当たらないですよね。
ですが、iPhoneを横に傾けてみてください。
すると、機能豊富な関数電卓が姿を見せます。
※iPhoneの画面の向きをロックしている方は「オフ」にしてください!

意外と機能豊富な計算機!

どうでしたか?
知らない機能があったでしょうか・・?
特に関数電卓は知らないかたも多いと思います。
是非家族や友人に知らない方がいれば教えてあげてくださいね♪

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top