楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8.1】バッテリーの持ちが悪いと感じた時に試したい3つの対処方法

cat (1)
スポンサードリンク

iOS8.1.Xにアップデートしてから、バッテリーの持ちがわるいなーなんて思う方に是非試して頂きたい3つの対処方法をosxdaily (米)が紹介していました。
参考元ではiOS8.1とされていますが、今後のiOSアップデート時でも通用するであろう方法になっています。
どれも簡単にチェックできる内容になっているので、是非一度お試し下さい。

1.iPhoneの本体が熱い?

iOSのアップデート直後はSpotlight関連の構築等でCPUの使用率が高くなりがちです。
その為にアップデート直後はバッテリーの消費が激しく、結果「バッテリーの持ちが悪くなった」なんて思う場合もあります。
多くの場合は30分〜程度でCPU使用率も平常に戻り、本体の熱も冷めてくるのですが、それでもバッテリーの持ちが悪いと感じる場合は「本体のリセット」を試してみてください。

リセットと聞くとデータが消去されそうなイメージがありますが、データの消去はされません。
リセットと再起動の違いについてはこちらの記事で解説しています。
【iPhone】再起動とリセットの違いをしっかり覚えておこう!

リセットするには、スリープボタンとホームボタンを長押し続け、画面が消え、Appleのロゴが表示されたタイミングで指を離してください。
force-restart-iphone
photo by osxdaily

2.位置情報サービスのチェックとリマインダー

設定 → プライバシー → 位置情報サービス で、リマインダーの右横に紫枠のアイコンが表示されていませんか?
check-location-services-reminders
photo by osxdaily

もし紫枠のアイコンが表示されている場合は、ロケーションリマインダー(指定場所で通知)が動作している可能性があります。

リマインダーを開き、ロケーション設定がされている項目がある場合は、項目を完了にするか削除してください。
完了する場合は丸をタップしてチェックするだけでOKです。
th_IMG_4407 (1)

3.バックグラウンドの確認

設定 → 一般 → Appバックグラウンド更新 のリストを再確認してください。
アップデートにより一部の項目がオンになってしまう場合があるようです。
バックグラウンド更新が不要なアプリはオフにしましょう。

th_IMG_4408 (1)

つぶやき

kogoto_prof
私の場合だと3番目のバックグラウンド更新の設定が一部変更されていました。
日々様々なアプリをインストールしていると、バックグラウンド更新の項目も増えがちになるので、定期的に設定をチェックするようにした方が良いのかもしれません。

参考:osxdaily

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top