楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】バッテリーを簡単に修理交換する方法 最新版!

N112_sumahodeyorokobu500
スポンサードリンク

N112_sumahodeyorokobu500iPhoneを使っているとバッテリーの悩みは付き物ですよね。 iPhoneのバッテリーが長持ちしなくなってきたら、Appleに頼んで交換してもらいましょう!

今回はiPhoneのバッテリーを修理交換する最新の方法(保証なしの場合と保証ありの場合)を解説

注意

iPhoneの保証期間を使い無償でバッテリーを交換するには、Appleが規定している基準を下回らなければ交換する事ができません。 本来のバッテリーより50%以下にまで劣化した場合のみ無償交換となるようです。 無償交換で申し込み、50%を上回るようであれば、返却となります。 有償(6,800円)で交換する場合は、基準等は無く基本交換となるようです。 ※Appleサポートセンターで確認しました。

手段

バッテリーを修理交換するには幾つか方法があります。 今回は短時間で簡単に交換できる「ウェブページからのバッテリー交換方法」を解説します。 勿論、電話での交換やサポートチャットからも交換申し込みが出来るのですが、欠点が目立ちます。 なので、WEBからの交換申し込みを推奨させて頂きます。

電話やチャットでの交換のデメリット

電話

時間によっては繋がるまで待たされる 受付時間が決められている 声で伝えなければいけない(喋りづらい場所だったり、周囲の音が大きい場合は不便)

チャット

待ち時間がある場合がある 相手のタイピングを待たなければいけない 自身で何度も情報をチャットに入力する必要がある

ウェブページからバッテリー交換を申し込む

申し込む際の画面が保証期間内と保証期間外の端末では、表示されるページ内容が異なります。 共通の操作 → 保証期間内の場合 → 保証期間外の場合 の順に記載するので、共通の操作部分と自身の端末の保証状態に合う部分をご覧ください。

代替え機

iPhoneをバッテリー交換に出すと手元にiPhoneが無くなってしまいます。 電話やメールを利用している方は、契約している携帯キャリアのショップに行き、バッテリー交換をする旨を伝え、代替え機を貰ってから申し込むようにしましょう!

注意

バッテリー交換に出す際は、iPhoneに装着しているケースやアクセサリー類、SIMカードを必ず抜くようにしましょう! SIMカードの抜き方はコチラの記事内で解説しています。 【圏外表示】iPhoneが圏外表示のままになったときの対処

共通の操作

まずApple サポートへの問い合わせ画面をブラウザで開いて下さい。 URL:https://getsupport.apple.com/

※iPhoneやiPadのsafariでも申し込む事が可能です。説明上はPCを想定しているため「クリック」という言葉を使用していますが、iPhoneやiPadの方は「タップ」に置き換えてご覧ください。

01_c_trade 最初に端末の種類を選択しましょう。 今回はiPhoneをクリック

02_c_trade バッテリー、電源、および充電をクリック

03_c_trade バッテリーに関する質問/トラブルシューティングをクリック

04_c_trade 送信せずに続けるをクリック

05_c_trade 郵送修理をクリック

06_c_trade iPhoneの設定→一般→情報→シリアル番号に表示されている値を入力し、青色の矢印をクリック

07_c_trade ほかの電源アダプタでは正常に動作しますか?と聞かれるので、「いいえ」をクリック

08_c_trade 国を選択

09_c_trade AppleIDとパスワードを入力してサインイン。

保証期間(iPhone購入からの1年間もしくは、AppleCare+の2年間)の場合

10_f_trade 症状の再現手順に「バッテリーの減りが早い」等の内容を入力して、続けるをクリック。

11_f_trade 配送先の情報を入力して、続けるをクリック

12_f_trade 交換するiPhoneを宅配便で引取に来るので、家にいる確実な日時を選択し、続けるをクリック。

13_f_trade 規約の同意をクリックし、利用する保証を選択します。

本体の1年保証を利用し、無償交換する場合は上のボタンをクリック。 Appleの基準(バッテリーが本来の50%以下の力の場合)を満たすと無償交換、満たさなければ返却となります。 AppleCare+を利用して交換する場合は下のボタンをクリック。4,400円で交換になります。 14_f_trade 修理サービスリクエストを送信する事で申し込み完了です。

保証期間外の場合

10_p_trade 症状の再現手順に「バッテリーの減りが早い」等の内容を入力して、続けるをクリック。

11_p_trade 配送先の情報を入力して、続けるをクリック

12_p_trade 交換するiPhoneを宅配便で引取に来るので、家にいる確実な日時を選択し、続けるをクリック。

13_p_trade 規約の同意をクリックし、続けるをクリック。保障状況についてはクリックしないでください。

14_p_trade 支払い方法の選択。代金引換かクレジットカードを利用する事ができます。ここでは代引きで進めていきます。

15_p_trade 料金を確認して続けるをクリック。無保証だとバッテリー交換は6,800円で交換になります。

16_p_trade 修理サービスリクエストを送信する事で申し込み完了です。

寿命は付き物!

iPhoneのバッテリーはどうしても劣化してしまいます。 iPhoneの本体保障(購入してから1年)は基準を満たせば無償になるので、1年間近になる際に申し込んでみると良いかも? iPhoneの設定でバッテリーの持続時間を伸ばす方法はコチラの記事で解説しています。 【iPhone】バッテリーを長持ちさせる方法のまとめ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top