楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「バックアップが壊れているか、復元対象〜」エラーの対処方法

cat (1)
スポンサードリンク

iTunes12でiPhoneのバックアップを取ろうとしたところ、

バックアップが壊れているか、復元対象の iPhone と互換性がないため、”端末名”のバックアップを作成できませんでした。
このiPhoneのバックアップを削除してやり直してください。

との、見慣れないエラーが表示されました。

th_000 (1)

先程無事解決したので、解決方法を解説します。

本来なら..

Appleが想定しているエラーであれば、ダイアログに表示されている「iPhoneのバックアップを削除」で解決する事が出来るかと思います。
私の場合は別の原因だったようなので、それについては後述します。

iTunesからバックアップデータを削除するには、以下の操作で環境設定画面を開いて下さい。
Mac:「iTunes」→「環境設定」
Windows:「編集」→「設定」
th_001 (1)

th_002 (1)

バックアップを選択し「バックアップを削除」をクリック。
th_004 (1)

確認ダイアログが表示されるので「削除」をクリック。
th_005 (1)

バックアップデータを削除事に抵抗がある場合は..

バックアップデータそのものを別の場所に移動させるのも良いかと思います。
Macであればバックアップデータの項目を右クリックするとメニューに表示される「Finderで表示」をクリックすると、バックアップデータのフォルダをすぐに開く事が出来ます。

私の場合は外付けHDDの”名前”が原因でした

私の場合は外付けHDDの”名前”が原因でした。
特に変更した覚えは無いのですが、何かの拍子に外付けHDDの名前が” ”(スペース)になっていました。
外付けHDDの名前を本来の名前に戻したところ、無事バックアップが取れるようになりました。
バックアップ先を内蔵HDDにされている方であれば、バックアップ先のフォルダ名などを確認してみてください。

th_006 (1)

つぶやき

kogoto_prof
初めて表示されたエラーだったので、少しドキッとしました。
iOS8.2のリリースも間近なので、こういったバックアップや復元関連のエラーで頭を抱える方も増えそうです。
ダイアログでエラーが表示された場合は、エラー文言かエラー番号あたりで検索すると解決の糸口が見えてくるかもしれません。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top