楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【速報】WWDC2015で発表されたAppleMusicの最新情報まとめ

cat (1)
スポンサードリンク

WWDC2015で発表された内容を順次紹介してきています。
その中でも、恐らく気になっている人が多いであろうAppleMusicについて紹介します。
今回のWWDCでAppleMusicの料金形態やサービスの詳細、開始日などが明らかになりました。

AppleMusicの詳細

ストリーミングで音楽聞き放題

img via:Apple

img via:Apple

AppleMusicは、月額課金で様々な音楽を何度でもストリーミング再生で聞く事ができるサービスです。
単純に聞くだけでは無く、アーティストと密に繋がれるコンタクト機能や趣味趣向に合わせた音楽を勧める機能、Siriとの連動などが用意されるようです。

アーティストとファンをつなげるコンタクト機能

 img via:Apple

img via:Apple

単純に音楽を再生するだけでは無く、アーティスト情報の閲覧やファントーク、ファンへのビデオレターの配信出来る機能など、アーティストとファンが交流出来るコンタクト機能を使う事が出来ます。
普段あまり見れない収録中の姿などを送信するアーティストも出てくるかもしれません。

音楽は古い物から新しい物まで

 img via:Apple

img via:Apple

「聞き放題」と聞くと古い音楽ばかりなのでは?と思うかもしれませんが、AppleMusicは新しい音楽(シンゴル/アルバム)も聞くことができるようです。
といっても、全ての音楽が視聴できる訳では無いと思うので、後述する無料期間中に自分の好きなアーティストが登録されているか調べるようにしましょう。

質問と履歴でおすすめ

 img via:Apple

img via:Apple

AppleMusicには、履歴の解析と質問の回答を使ってお勧めの音楽を教えてくれる機能が用意されます。
比較的利用者の好みに近い楽曲が選出されるような仕組みになっているようです。
まだ聞いたことが無い好みの音楽と出会えるキッカケが増えそうです。

Siri

 img via:Apple

img via:Apple

AppleMusicとSiriは連動するようになっており、例えばSiriに「XXの人気の音楽ベスト10を聞かせて」とお願いすると、AppleMusic経由で音楽を再生する事が出来るようです。

AppleMusicの利用料金

 img via:Apple

img via:Apple

AppleMusicの利用プランは、以下の2種類が用意されるようです。

  • 一人で利用する標準的なタイプ:月額9.99ドル(約1,250円)
  • 最大で6人まで利用が出来るファミリープラン:月額14.99ドル(約1,900円)

Appleは、AppleMusicをより一人でも多くのユーザーに使って欲しいとの考えのようで、3ヶ月間の無料期間も用意されるようです。
「一人でも多くのユーザーにAppleMusicを使って欲しい」との事ですが、3ヶ月も使っているとAppleMusicを聞くことが習慣になってしまい、かなりの数のユーザーが月額課金の契約を行いそうな気がします。

サービス開始日

AppleMusicはiOS8.4をインストールしたiPhoneで6月30日から利用する事が出来るようです。
恐らくiOS8.4が数日先にリリースされる事になるのではないでしょうか。

日本でのサービスは?

今回のWWDCでは、サービスを提供する具体的な国については発表されていません。
AppleMusicの日本語特設サイトも公開されていますが、執筆時点では具体的な内容は記載されていません。
日本でも6月30日にサービスが開始されるのか、邦楽の取り扱いなどは、Appleが更なる詳しい情報を公開するまで待つしか無さそうです。

つぶやき

kogoto_prof
AppleMusicについては、今後もまだまだ目が離せませんね。
個人的には、洋楽のみで最初はサービスを開始するのかな?と予想しています。

今回のWWDCで発表されたiOS9やwatchOS2については、以下の記事で紹介しています。

【速報】WWDC2015でiOS9正式発表 新機能の最新情報まとめ【速報】WWDC2015でiOS9正式発表 新機能の最新情報まとめ

【速報】WWDC2015で発表されたwatchOS2の最新情報まとめ【速報】WWDC2015で発表されたwatchOS2の最新情報まとめ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top