楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】AirDropで別の端末にファイルを送信する方法

006
スポンサードリンク

iOS7のAirDrop機能を使えば、iPhoneとiPad、iPhoneとiPodtouch、iPhone同士等で写真を簡単に送信する事ができます。
クラウド経由でのやりとりや、メールを使うといった事は必要なくなりました。

001まず、画面下を上方向にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

002
コントロールセンターのAirDropをタップ

003
共有する範囲を選択。
連絡先として登録してある端末の場合は連絡先のみ、登録をしていない端末に送信する場合は全員を選択しましょう。

004
送信したい画像を開き、左下のアイコンをタップ

005
AirDropで受信相手を確認できる場合は、AirDrop部分に名前が表示されます。
送信先をタップして選択。

006
受信側に画像のようなAirDrop確認画面が表示されるので、受け入れるをタップしましょう。

この手順だけでファイルの送受信が完了!
凄くお手軽ですよね。
但し、送受信する双方の端末が同じWi-Fiに接続されている事が前提になるので、その点は注意が必要です。
Wi-FiもしくはBluetoothでも可能との事です。
ご指摘ありがとうございました。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 必ずWi-Fiが必要ということはありません。
    Bluetoothでも送受信可能です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top