楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】連絡先の交換は赤外線通信代わりにAirDropを使おう!

cat
スポンサードリンク

iPhone同士で連絡先交換をしようとすると、赤外線通信が無いので少々不便な時がありますよね。
そんな時はiOS7から新しく使えるようになったAirDropを使うと便利です。
通常の電話番号やメールアドレスの他にも、FacebookやTwitter等の情報もまとめて交換する事が出来ますよ。
「今更?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と未だ浸透しきっていない気がするので実際の交換風景を使って、改めてご紹介します。

事前準備

AirDropを使って連絡先交換をする前に2つ準備が必要です。

1.自分の連絡先

連絡先の情報を送信する事になるので、事前に自分の情報を連絡先に登録しておきましょう。
人によってSNSアカウント情報の有無を使い分けたい場合は、2つ作成しておくと便利です。07/th_IMG_1131.png” alt=”th_IMG_1131″ width=”400″ height=”710″ class=”alignleft size-full wp-image-15450″ />

2.AirDrop機能をオンにする

AirDropで連絡先を交換する場合は、双方のiPhoneでAirDropをオンにしなければいけません。

ホーム画面で下から上にスワイプする表示されるコントロールセンターから、Aidropをタップ。
th_IMG_1132

全員をタップ。
th_IMG_1133

上記手順を必ず双方の端末で行ってください。

連絡先の交換方法

自分の連絡先を開き、連絡先を送信をタップ。
th_IMG_1135

AirDropマークが青色になっている事を確認し、そのまま待機。
th_IMG_1137

すると送信可能なユーザーが表示されるので、タップすると連絡先を送信する事ができます。
th_IMG_1138

受信側は以下のようなダイアログが表示されるので、受け入れるをタップしましょう。
th_IMG_1139

お互い送り合う事で連絡先の交換が完了します。

つぶやき

kogoto_prof
手順を見てしまうと「やや面倒・・」と思われるかもしれません。
ですが、意外と操作してみるとパパッと出来るので、是非活用してみてください。
急な連絡先交換時に相手からAirDropを求められても大丈夫なように、連絡先に自分の情報を登録しておいて損は無いかと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top