楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】「この会話のミュート」がタイムラインにも適用出来るなど、幾つかの機能改善を発表

twitter-20170302._up
スポンサードリンク

Twitterが昨年11月頃に機能追加した「この会話のミュート」を機能拡大し、タイムラインでもミュートを行えるようにするなど、幾つかの機能改善を公式ブログで発表しています。

「この会話のミュート」が機能拡大 タイムラインのミュート設定が可能に

昨年11月ごろに追加された「この会話のミュート」は、特定ツイートに対するリツイートやリプライなどの通知をオフにできる機能ですが、今後はタイムラインでもミュートができるよう機能拡大が行われます。

またタイムラインのミュート期間は「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久」から選択できるとのことです。

2_twitter-20170302._up

昨年11月にご案内した、目にしたくないキーワードや会話などの通知をミュートできる機能を拡大し、タイムラインでもミュートを行えるようにします。また、ミュート期間も「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選べるようにしました。

特定の条件を満たすアカウントからの通知をオフにする、フィルター機能の追加

プロフィール画像が未設定(卵)のアカウント、メールアドレスや電話番号認証が行われていないアカウントなど、特定の条件を満たすアカウントからの通知をオフにできるフィルターの設定項目が、「設定」→「通知」に追加されます。

1_twitter-20170302_up

プロフィールページに画像が設定されていなかったり、メールアドレスや電話番号の認証がなされていないアカウントなど、特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルターできる選択肢を追加します。

報告・通報した際に措置が行われる場合は連絡が届くようになる

報告プロセスの透明性とオープン性の改善として、迷惑ツイート(スパム/なりすまし等)、不適切な画像投稿、攻撃的な投稿などを報告した際に、Twitterが報告に対して何らかの措置を行う場合、報告者に対して「通知タブ」に連絡が届くようになります。

3_twitter-20170302._up

報告プロセスの透明性とオープン性も改善します。ご自分または他のアカウントが受けた嫌がらせアカウントやツイートに関するご報告に対し、Twitterからもご連絡をお返しするようにします。ご報告をいただいた際、およびその報告に対してTwitterが必要な措置を行う際にはご連絡をお送りします。なお、このご連絡はTwitterアプリの通知タブ上で確認いただけるようになります。

なおこれらの機能は、順次各ユーザーに適用するとのことです。

Twitter
カテゴリ: ニュース
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top