楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】自分のQRコードを表示・画像保存・LINEなどで共有する方法

027_twitter
スポンサードリンク

今回はTwitterアプリに追加された新機能「QRスキャナー」を使い、自分のQRコードを表示・保存、LINEなど他アプリで共有する方法について解説します。

QRスキャナーを活用することで、友達にLINEやメールなどを使いTwitterアカウントを知らせる際に、ウェブ版TwitterでプロフィールページのURLを確認する必要が無くなりますし、相手はTwitter IDを検索する手間が省けるので、これまでよりもスムーズにフォローし合うことができます。

QRコードの表示・保存・共有方法の手順

  1. 「プロフィール」→「設定」→「QRコード」→「共有ボタン(右上”☓”の左横)」の順にタップ。
    ※ その場にいる人にQRコードを提示したい場合は、「QRコード」を押した時点の画面でOKです。
  2. 1_Twitter_up

  3. 「画像を保存」をタップすると、カメラロールにQRコードが保存されます。
  4. 2_twitter_up

  5. 「画像をツイート」をタップすると、QRコード画像が添付された新規ツイート画面が開きます。
  6. 3_Twitter_up

  7. 「共有する」→「LINE」→「送信」をすると、指定したアプリでQRコードを送信します。
    ※ LINE以外でも共有が可能です。
    ※ LINEで送信する場合は、念のため”オリジナル画質”をオンにしておくと安心です。
  8. 4_twitter_up

QRコードの読み取り方法

画像として受け取ったQRコードなどの読み取り方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

【Twitter】QRコードの読み取りが出来る「QRスキャナー」の使い方 画像のQRコードを読み取る方法は?【Twitter】QRコードの読み取りが出来る「QRスキャナー」の使い方 画像のQRコードを読み取る方法は?

Twitter
カテゴリ: ニュース
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top