楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】取得済みの位置情報や興味関心のジャンルを削除・オフにする方法

twitter_2_20170520
スポンサードリンク

Twitterに新しく追加されたデータコントロール機能(Personalization and data)で、Twitterが取得した「位置情報」や「興味関心のジャンル」を削除、オフにする方法について解説します。

いずれも広告表示の最適化に使われていますが、もし自身の行動(アクティビティ)が広告表示に利用されることに抵抗を感じるのであれば、これらを削除すると良いです。

Tiwtterが取得した位置情報を削除する方法

Twitterが取得した位置情報については、次の方法で削除することができます。

  1. プロフィールタブを開き、設定(歯車)→設定とプライバシー→プライバシーとセキュリティをタップ。
  2. 1_twitter_2_20170520_up

  3. Personalization and dataTwitterデータを見るデータをタップ。
  4. 2_twitter_2_20170520_up

  5. 位置情報セクションの編集位置情報を削除をタップすると、これまでに取得された位置情報を全て削除することができます。
  6. 3_twitter_2_20170520_up

Twitterがアクティビティから取得した興味関心をオフにする方法

Twitterではプロフィールやアクティビティ(行動)を基に、ユーザーが興味や関心のあるジャンルの広告を表示する仕組みを採用しています。

もし広告表示にアクティビティ(行動)が利用されることに抵抗を感じる場合や、興味のない広告が多く表示される場合は、次の手順で興味関心のあるジャンルをオフにすることができます。
※ 執筆時点では”興味関心”について完全に削除することは出来ず、オフにすることしか出来ません。

  1. プロフィールタブを開き、設定(歯車)→設定とプライバシー→プライバシーとセキュリティをタップ。
  2. 1_twitter_2_20170520_up

  3. Personalization and dataTwitterデータを見るデータをタップ。
  4. 2_twitter_2_20170520_up

  5. Twitterから取得した興味関心セクションの編集をタップし、興味関心の無い項目をタップしてチェックマークを外して完了です。
  6. 4_twitter_2_20170520_up

    また一部では、上記の興味関心を全てオフにすることで「表示される広告が少なくなった」との声も挙がっています。

    Twitterのユーザーデータ収集をオフにするには?

    Twitterが広告表示に利用しているユーザーデータの収集(位置情報やウェブ閲覧履歴など)については、設定画面からオフにすることが可能です。詳しい手順は次の記事で解説しています。

    関連記事

    【Twitter】位置情報やウェブ閲覧履歴などの追跡をオフ・無効にする方法【Twitter】位置情報やウェブ閲覧履歴などの追跡をオフ・無効にする方法

    Twitter
    カテゴリ: ニュース
    無料
    ※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
    App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top