楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】Sparkがバージョン1.7.1にアップデート iOS10のリッチ通知やwatchOS3のDockに対応

061_Spark
スポンサードリンク

無料メーラーアプリ「Spark」のバージョン1.7.1アップデートがApp Storeで配信されています。アップデートのリリースノートは9月13日にリリースされたバージョン1.7.0と同じ内容になっており、iOS10やwatchOS3の対応が行われています。

iOS10やiPhone7の解説が多くなってしまい、すっかりSparkのアップデートについてお伝えするのが遅れてしまいましたが、今回はver.1.7.0から利用できるようになった新機能についてご紹介します。

ver.1.7.0〜1.7.1のアップデート内容
+ iOS 10 対応:Spark は iOS 10 に完全対応しました。
+ リッチ通知。 通知画面から直接メールや招待状への返信を送れます。
+ 新しい Dock への対応:Spark を watchOS の Dock に登録して、素早くメールにアクセスできるようになりました。
+ 手書き入力:watchOS 新機能の手書き入力に対応しました。一文字ずつ画面に手書きして、素早く返信を書くことができます。

iOS10のリッチ通知から直接返信が可能に

iOS10では通知機能がより多機能な”リッチ通知”に進化を遂げ、通知バナー上で様々なアクションが出来るようになりました。

バージョン1.7.0以上のSparkをお使いであれば、メールの受信通知バナーを押す(3D Touch)ことで、アプリ本体を起動せずにメールに直接返信することが出来ます。

1_spark

通知バナーだけでは無く、通知センター上の通知ボックスから直接返信することも可能です。

2_spark

watchOS3のDock機能に対応

watchOS3では、Apple Watchのサイドボタンを押下することで、素早くアプリを起動することが出来るDock機能が追加されました。

バージョン1.7.0以上のSparkをお使いであれば、Watchアプリの「Dock」→「編集」→Spark左横の「+」→「完了」をタップしてDockに追加することで、Sparkを素早く起動することが出来ます。

3_spark

頻繁にメールをチェックする方であれば、SparkをDockに追加しておくことで起動時間で待たされることが無くなるので、是非設定してみてください。

5_spark (1)

Apple Watchを使った手書き入力は利用不可?

リリースノートには「watchOS 新機能の手書き入力に対応しました」とあるものの、肝心のwatchOS3で追加された手書き入力機能”Scribble”が日本語をサポートしていない為か、手元のApple Watchでは手書き入力ボタンを見つけることが出来ませんでした。

whatsnew-img-scribble@3x (1)

もしかするとiPhone本体とApple Watchの言語環境を変更することで利用できるかもしれませんが、日本語環境では利用出来ない可能性が高そうです。

Spark – メールがもう一度楽しくなる
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top