楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】Sevastian – 通知センターにアプリのショートカットを設置出来るウィジェット

cat
スポンサードリンク

今回は通知センターにアプリのショートカットを設置出来るウィジェットアプリ「Sevastian」をご紹介します。
通知センターからお気に入りのゲームやアプリをサッと起動する事は勿論、ワンタップで設定した人に電話するアイコンを設置する事も出来ます。

本当はもっと早く。

実はもっと早くSevastianをご紹介する予定でした。
というのも、ver1.4では、アプリを一定数追加してしまうと正常に表示されないバグがあった為、レビューを見送っていました。
ですが、先日のアップデート(ver1.5)で動作が安定するようになったので、安心してご紹介出来るようになりました!

Sevastianって?

Sevastianは通知センターにURLスキームのリンクが付いたアプリアイコンを設置出来るウィジェットです。
例えば「Facebookを起動するURLスキーム」を設置すれば、通知センターからFacebookを起動する事が出来ます。
もっとピンポイントに機能を絞ると、通知センターに「XXさんに電話をする」といったURLスキームも設置する事も出来るんです。
といっても、「URLスキームなんて知らないよ?」なんて人も多いはず。
Sevastianはそんな「URLスキームを知らない人」でも簡単に便利なアプリアイコンを通知センターに設置出来るような仕組みになっています。

「URLスキーム?何か面倒くさそう」なんて思わないで、これから紹介する使い方を是非読んでみて下さい。
URLスキームを知らない人でも本当に簡単に使う事が出来ます。

※ URLスキームについてはこちらの記事文中でサラッと説明しています。
【iOS7】通知センターからツイートやFacebookに投稿する方法

Sevastianの使い方

簡単に通知センターに設置!

早速通知センターにアプリを起動するアイコンを設置してみます。
Sevastianの文字をタップしてメニューを表示させ、オーダーを探すをタップし、設置したいアプリを選択してください。
※ デフォルトではInstalled(インストール済)アプリがリスト表示されますが、Installableを選択すると、Sevastianに登録されているアプリ全てが表示されます。

th_IMG_4522

既に様々な機能(URLスキーム)が登録されています。
好きな動作を選択し(ここではシンプルに起動〜)、Installをタップ、確認ダイアログでOKをタップで追加する事が出来ます。
th_IMG_4525

通知センターでSevastianウィジェットを配置すると、このようにアプリが配置されます。
このままでも良いのですが、名前がちょっぴり気になりますよね。

th_IMG_4528

名前が気になる時は、
名前を変更したい項目を右にスワイプし、Editをタップ、次に名前を編集してUpdateをタップし、確認ダイアログでOKをタップすると変更する事が出来ます。

th_IMG_4529

10個ぐらい設置しても意外とコンパクトです。
最小限のスペースに収めたい方であれば、5個までに抑えると良いと思います。

th_IMG_4535

つぶやき

kogoto_prof
Sevastianは一般ユーザーがURLスキームを登録しているので、中にはURLスキームが未登録のアプリもあると思います。
そんな時はSevastianのメニューから「スキームの登録」をタップする事で、誰でも簡単にURLスキームを登録する事が出来るので、是非登録してみてくださいね。
無料アプリとは思えない程、通知センターがグッと便利になります。

Sevastian
カテゴリ: ユーティリティ
¥100
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top