楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】ターボスキャン – 直感的に明度の調整もできるOCRスキャナアプリ

cat
スポンサードリンク

今回はOCRスキャナアプリ「ターボスキャン」をご紹介します。
ターボスキャンはA4サイズの書類や名刺を画像データとしてiPhoneやiPadに保存が出来るアプリです。
用紙やホワイトボードを斜めから撮影しても、自動で垂直に補正されます。
この手のスキャナアプリだと文字が歪んだりする事が多いのですが、ターボスキャンは歪みも気にならない仕上がりです。

ターボスキャンの気になるポイント

  • 直感的に明度の調整が出来る。
  • 用紙の自動認識率がかなり高め。
    (環境にもよりけりですが、レビュー時は手動での調整は不要でした。)
  • 連続で3枚の写真を撮影し、より見やすい画像を作るSureScan3xモード。

ターボスキャンを使ってみる

中々公開して問題が無いような書類も少なかったので、SBAPPのWEBページを印刷した用紙で使ってみました。

ターボスキャンを起動してCameraをタップし、取り込みたい用紙が全て収まるような距離で撮影します。
th_IMG_4543

撮影するとプレビュー画面が表示されます。
下部の四角いボタンで画像の明度を調整する事が出来ます。
今回は一番暗くするとハッキリとした画像になりそうです。
th_IMG_4545

下部中央のペンボタンでファイル名やドキュメントサイズの設定が出来ます。
th_IMG_4549

カメラロールに画像を転送する場合やメールで転送する時は、左下のボタンから該当するメニューをタップしてください。
th_IMG_4551

今回レビューで読み込んだ画像はコチラ。
かなり斜めから撮影したんですが、歪みも少なくクッキリです。
th_IMG_4552

通常のモードに加え、ターボスキャンには「SureScan3x」モードが搭載されています。
これは3枚の写真を撮影し、1枚に合成する事でよりクッキリとした画像を生成する事が出来るモードです。
SureScan3xをタップするとカメラが起動するので、後は通常通り撮影→明度の調整→ファイル名..のように進めてください。
th_IMG_4553

今回のレビューでは通常とSureScan3xの違いがあまりわからない結果になりましたが、環境によってはSureScan3xがかなり際立つ場合もあるかもしれません。
th_IMG_4555

つぶやき

kogoto_prof
OCRスキャナは周りの環境によっても左右されがちです。
極力、

  • 明るい場所
  • 背景が暗い場所

を選んで撮影すると、クッキリとした画像を撮影する事が出来ます。

ターボスキャン [ レシート、書類、ホワイトボードに最適な有能スキャナー ]
カテゴリ: ビジネス
無料 (執筆時セール中)
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top