楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【App Store】注目のゲームアプリを特集した「Games We Love」が更新

gameswelove-20170528 (1)
スポンサードリンク

App Storeで注目のゲームアプリを特集した、ゲームセクション「Games We Love」が更新されました。

今回ピックアップされたのは、六面体の面に指定された色を塗っていくパズルゲーム「Fill6」や、腰を据えてじっくりと遊ぶ事ができる街づくりRPG「EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜」などを含む10作品です。

Fill6
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
六面体を転がして、地面の色を面に塗っていくパズルゲーム。ステージ毎に「薄い黄色2面」「濃い黄色4面」のようにクリア条件が指定されています。
既に塗った面を地面に接触させてしまうと、新たに地面の色が重ね塗りされてしまうので、難易度は難しめです。

App Storeからダウンロード

EGGLIA 〜赤いぼうしの伝説〜
カテゴリ: ゲーム
¥1,200
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
絵本のようなグラフィックに素晴らしいBGMの街づくりRPG。腰を据えて遊べる買い切りタイプです。
開発には聖剣伝説のキャラクターデザインを担当した亀岡慎一氏もアサイン。

App Storeからダウンロード

Tape it Up!
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
流れてくるダンボールにテープを入っていく、エンドレスランゲーム。
一般的なランゲームの「走る」「避ける」に加え、左右のダンボールに飛び移るタイミングによりスコアが増減するので、リズムゲームが好きな方も楽しめるであろう作品。

App Storeからダウンロード

アングリーバード・アイランド
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
物理パズルゲームの定番「アングリーバード」の島発展シミュレーションゲーム。
今作はパズルゲームでは無く、採取や建設をしつつ、島を発展していく箱庭系ゲームになっています。

App Storeからダウンロード

ベーコンエスケープ
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
収容所に捕まった子豚「ベーコン」の脱出劇。(ランゲーム系)
ベーコンがトロッコに乗り走り続けるので、プレイヤーは障害物を排除したり道を作ったりと、ギミックを動かしてゴールに辿り着くようサポート。

App Storeからダウンロード

Chaos Centurions
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
オリフラムが2月頃にリリースした、サイドスクロールタイプのリアルタイムストラテジーゲーム。リリース当初はApp Storeのトップバナーアプリとしてもハイライトされた作品です。
戦略を練る→試行錯誤をしながら遊ぶことになるので、自身のプレイヤースキル上達を感じさせてくれる作品に仕上がっています。

App Storeからダウンロード

FLAME×BLAZE
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
スクエニが4月にリリースした、3on3でバトルを繰り広げる、マルチオンラインバトルアリーナゲーム。

App Storeからダウンロード

アナザーエデン 時空を超える猫
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
シングルプレイ専用の正統派RPG。ストーリーやBGMなども含め、全体的に完成度が高く、RPG好きな人であれば1度は遊んで欲しい作品。
ゲーム内ではキャラクターガチャが用意されているものの、無課金でもそれなりに有料石が手に入るようになっています。

App Storeからダウンロード

オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
モンスターハンターのオトモンにフォーカスを当てたパズルゲーム。
そういえばニンテンドースイッチ版のモンスターハンターダブルクロスが発表されたみたいですね。

App Storeからダウンロード

-ねこあつめ-
カテゴリ: ゲーム
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

コメント
庭先にご飯や玩具を置き、寄ってきた猫を飼うのんびりゲーム。
リリースされてから日が経ちますが、今もなお人気な作品です。

App Storeからダウンロード

後記
今までランゲームにハマったことが無いのにも関わらず、今回の特集を機に「Tape it Up!」で遊んでみるとドハマリ。

ただ走るだけでは無くて、ダンボールからダンボールに飛び移るタイミング(リズムゲーム的要素)が良い感じに絡み合って、飽きを感じさせません。今までランゲームを何となく遊ばれていなかった人にも、是非遊んでみてほしい作品です。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top