楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】通知センターから簡単にツイートできるFasPosが便利!使い方も!

fapos
スポンサードリンク

今回は通知センターから簡単な操作でツイートする事ができるFasPosを紹介!
以前はMyShortcuts+Viewerという有料アプリを使った方法でしたが、今回は完全無料の簡単手順です!
URLスキームといった複雑な内容は一切ありません。

MyShortcuts+Viewrを使った方法は下記リンク先の記事をご覧ください。

【iOS7】通知センターからツイートやFacebookに投稿する方法

FasPosの使い方

001
FasPosの初回起動時にTwitterアカウントへのアクセスを求められます。
OKをタップしましょう!

002
ツイートする方法はとてもシンプル。

入力ボックスにツイート内容を入力し、右にスワイプするだけでツイートする事ができます。
アカウントの切り替えは画面中央下に表示されているアカウント名をタップするだけで切り替える事ができます。

003
あっという間にツイートする事が出来ました!

再生している音楽をツイートする

004
メニューバーの一番左のボタンをタップすると現在再生している音楽タイトルを取得する事ができます。

聴いている音楽をツイートしたい時はこのボタンをタップするだけで簡単にツイートする事ができます。

ライブラリの写真を添付してツイートする

005
iPhoneの写真アプリ内の画像を添付してツイートしたい場合は、メニューバーの左から2つ目のボタンをタップ

IMG_5684
すると画像のようにライブラリが表示されるので、添付したい画像をタップして選択!

006
写真が添付されている場合だと、入力ボックス部分に写真と表示されます。
ツイート方法は通常と同じく、右にスワイプするだけです。

カメラで撮影してツイートする方法

007
その場でカメラアプリを利用して撮影した画像をツイートしたい場合は、メニューバーの左から3つ目のボタンをタップ。

カメラが起動して撮影すると自動で添付されます。

ツイートに位置情報をつける

ツイートに位置情報をつけたい場合は、メニューバーの左から4つ目のボタンをタップすると現在地の情報を付ける事ができます。
居場所をツイートしたい時はこのボタンをタップするだけで解決。
008

環境設定を開く

FasPosは様々な設定を変更する事ができます。
009
まず入力ボックス部分を下にスワイプしてキーボードを非表示にしましょう。

010
右下のインフォメーションボタンをタップ

011
様々な設定を変更する事ができます。

例えばツイート入力ボックス下部の定型文を編集したり、画像を添付する際の画質の設定等。
設定項目を見ればわかると思います。

通知センターからツイートする場合の必須の設定

012
設定画面の下部のほうにあるツイート完了でアプリを終了をオンにしておきましょう。

名前の通り、アプリが自動的に終了するので自分で画面を切り替える必要はありません。
ただ、マルチタスク画面には残っているようなので、気になる方は手動で消した方が良いかもしれません。

通知センターからツイートする方法

FasPosアプリから1度ツイートすると、通知センターにFasPosが表示されます。
013
初回はアプリを手動起動しなくてはいけませんが、2回め以降は通知センターから簡単にツイートする事ができます。

無料&広告が邪魔じゃない!

FasPosの最大のメリットは無料なこと。
通知センターを利用するアプリは不思議と有料アプリが多いです。
また、広告も邪魔になるような場所には配置されていないためストレスも少ない作りになっています。
URLスキーム等の面倒な設定も必要無いので、誰でも簡単に利用できる便利アプリだと思います。

FasPos
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。

AppStoreからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top