楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Dropbox】7月22日よりカメラアップロードに使用条件が設けられる

081_dropbox (1)
スポンサードリンク

iOS版Dropboxでは、写真を自動的にアップロードすることが出来る「カメラアップロード」を使用することができますが、7月22日より新たに使用条件が設けられることをヘルプセンターで案内しています。

2016 年 7 月 22 日に Dropbox Basic アカウントでカメラアップロードの動作が変更されることになりました。この日付より、Dropbox Basic のユーザーがカメラアップロードを引き続き使用するには、Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールする必要があります。
引用:Dropboxヘルプセンター

「カメラアップロード」の使用条件

7月22日以降もカメラアップロードを使用するのであれば、下記いずれかの条件を満たす必要があります。

  • iOS版Dropboxをデスクトップ版Dropboxとリンクする
  • DropboxアカウントをDropbox Pro(月1,200円)にアップグレードする
    ※ iOS版Dropboxアプリで「設定」→「アカウントのアップグレード」から手続きが出来ます。

デスクトップ版とのリンクが安上がり

“iOS版Dropboxoとデスクトップ版Dropboxのリンク”であれば、今後もカメラアップロードを無料で使うことができます。もし未だデスクトップ版Dropboxを導入しておらずリンクがお済みでは無いのであれば、iOS版Dropboxアプリの「設定」→「パソコンをリンク」から、画面の指示に従って手順を進めてください。
2_Dropbox_up

今までのアップロードした画像/写真は消えない

ヘルプセンターの記事によると、既にアップロード済みとなっているカメラアップロードの画像/写真については、7月22日以降も条件問わず維持されるようなので、突然画像データが消えてしまうようなことはありません。

今までのカメラアップロードはどうなりますか?
カメラアップロードを使って追加した写真は、そのまま Dropbox に維持されますので、「カメラアップロード」フォルダで確認できます。
引用:Dropboxヘルプセンター

※ 通常の写真アップロードについては、7月22日以降も条件無しで利用出来ます。

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top