楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】愛犬専用カメラdoggme(ドッグミー) – カメラを中々みてくれない愛犬を楽々撮影出来る!

cat
スポンサードリンク

愛犬の写真はやっぱり撮りたいものです。
といっても、いざカメラを構えると中々コチラを見てくれなかったり、場合によっては不貞寝したりと、カメラ嫌いのわんちゃんも多いですよね。
私の実家の愛犬も、iPhoneでカメラを構えると絶対と言って良いほどコチラを見てくれません。
うまくおやつを使っても中々カメラ目線にはならず…
そんな同じ悩みをお持ちの飼い主さん達にお勧めの愛犬専用カメラアプリ「doggme(ドッグミー)」をご紹介します。
実際に撮影してみたんですが、コレ本当に凄いです。
幾つか効果的に撮影するコツも。

doggmeの仕組み

doggmeは撮影時に、犬が気になる周波数での効果音を再生して撮影するアプリです。
カメラ嫌いのわんちゃんでも、音が気になればどうしても見てしまう..
そんな心理を突いた仕組みになっています。
またdoggmeのカメラを使う場合は、doggmeSNSに会員登録をする必要があるので、その点だけは注意してください。
「カメラだけを使う」という事は出来ないようになっています。

実際に撮影してみると..

実際にdoggmanを使って撮影してみました。
犬種はシュナウザー&シーズー(推測)のミックスの男の子です。
保健所で引き取った子なので、年齢犬種共に正確ではありません。
普段カメラを嫌いがちな子なんですが、doggmanを使ったらバッチリ撮影できました。

th_IMG_5010

iPhoneが気になりすぎて匂いを嗅ぎにくるぐらいの効果。
th_IMG_5015

本当にびっくりするぐらい効果アリでした。
今までジャーキーとかでカメラ目線にしていた苦労はいったい..

Youtubeにもdoggman公式の動画が公開されています。

dogmeの使い方

会員登録

doggmeは会員登録をする必要があります。
メールアドレスを使って会員登録をする方法と、Facebookを使っての2つの方法があります。
お好きな方で登録して下さい。(Facebook登録は執筆時点ではエラーになりました)
th_IMG_5019

カメラを起動する

早速カメラを起動して愛犬の撮影にチャレンジしてみましょう!中央下部のカメラボタンをタップ。
th_IMG_5020

撮影方法は、下部の音符ボタンで効果音の再生 → 愛犬が振り向く → すぐにカメラボタンでシャッターを切る。
という流れになります。

th_IMG_5021

撮影を終えるとシェア画面が表示されます。撮影した写真はカメラロールに自動保存されるので、SNSに興味が無い方は左上の☓ボタンをタップしてください。
th_IMG_5025

doggmeで効果的に撮影する4つのポイント

  • iPhone本体の音量を大きくする。
    → 効果音の音量はiPhone本体の音量に合わさります。サイドのボリュームボタンで最大まで音量を上げると効果的です。
  • 一度撮影前に全ての効果音を再生してみて、一番反応の良い効果音を見つける。
    → 犬種によって効果のある効果音が異なります。
  • 愛犬から離れすぎないようにする。
    → あまりに愛犬と離れすぎると効果が薄くなります。
  • 愛犬目線の高さに。
    → 一番効果がある高さは愛犬と同じ高さです。一番音が耳に入りやすいポジションがベスト。

SNS機能

doggmeはSNS機能も兼ねているので、他の飼い主さんが撮影した写真を閲覧する事や他の飼い主さんと繋がる事が可能です。

ALLをタップすると他の飼い主さんがシェアした写真を閲覧できたり..
th_IMG_5023

プロフィールページでは愛犬登録や他の飼い主さんを探してフォローする事が可能です。
th_IMG_5026

是非doggmeを使って、愛犬の可愛らしい写真を撮影してみてくださいね。
「中々正面を向いた写真が撮れない..」なんて方もdoggmeなら撮れます。

dogg.me camera(ドッグミーカメラ)愛犬家向け写真SNS
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

つぶやき

kogoto_prof
完全にアプリやiPhoneとは関係無い話をします。

記事中に書いたんですが、私の愛犬は保健所で引き取った子です。
当初は毛も伸びたい放題で泥まみれの子でした。
トリミングに連れて行くと全く別の子?と思う程でした。
飼い主にも様々な事情があるのは重々承知していますが、やっぱり「なぜ捨ててしまうんだろう..」と思ってしまいますよね。
今もこう記事を書いている間にも、全国どこかの保健所でわんちゃんや猫ちゃんが殺処分されていると思うと、心が痛みます。
わんちゃんや猫ちゃんを飼う時は、是非保健所も視野に入れてみてください。
「なぜこの子が?」なんて子がいるものです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top