楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】Copyfeedならコピー履歴を簡単に通知センターに表示出来る!

cat
スポンサードリンク

今回コピー履歴をウィジェットとして通知センターに表示し、通知センター上で履歴をコピーする事が出来るCopyfeedをご紹介します。
皆さんは「コピー」「ペースト」(以後コピペ)機能は使っていますか?
誰かに電話番号やメールアドレスを伝える時、URLをコピペする時には、テキストを長押しすると表示される「コピー」を使う事が多いと思います。
ただこのコピー機能は上書きなので、「AAA」をコピーした後に「BBB」をコピーすると、「BBB」しか貼り付けする事は出来ません。
特にURLだと「1つ前のアレをペーストしたかった..」なんて事もあるあるですよね。
そんな悩みを1発で解決出来るウィジェットアプリがCopyfeedです。

Copyfeedのココがお勧め!

正直通知センターを使ったクリップボード管理アプリは幾つもリリースされています。
「あるある」なクリップボード管理アプリと比較してみました。

  • ありがちパターンA:通知センターで保存ボタンを押して、コピー内容を履歴登録する。
    Copyfeed:通知センターを開くだけで自動で履歴登録。
  • ありがちパターンB:「コピペ」目的を超えてシェア機能も用意されている。
    Copyfeed:シンプルにコピペのみ。余計な機能は排除されている。
  • ありがちパターンC:通知センター上の小さなボタンをタップしてコピーする。
    Copyfeed:表示されているテキスト(履歴)をタップでコピー出来る為、多少指の位置がズレても大丈夫。
  • ありがちパターンD:通知センター上の一部分をタップすると勝手にアプリが起動する。
    Copyfeed:ウィジェットをタップしてもアプリは起動しません。

ありがちパターンBに書いてるようにCopyfeedは最低限の機能に絞ったシンプルなコピペ管理アプリです。

  • 通知センターに表示するウィジェット機能
  • コピー履歴機能
  • 画像コピー履歴(ウィジェット表示不可)
  • 広告はアプリにだけ表示(ウィジェットには表示されません)

画像コピーと広告の非表示は100円のアドオンを購入する必要があります。

Copyfeedの使い方

もちろんアプリ本体だけでも使う事が出来ます。手動追加や履歴の全削除を行う事が出来ます。
th_IMG_6611

ウィジェットの追加は、通知センターを起動 →「編集」→「Your ClipBoard」を追加 → 完了の順に操作すると追加する事ができます。
th_IMG_6614

ウィジェットの使い方はシンプルで文章をタップでコピー、☓ボタンで削除になっています。
コピーしたテキストを履歴に登録したい場合は、コピー後に通知センターを起動するだけでOKです。
「保存」や「追加」といったボタンは一切ありません。
th_IMG_6617

有料アドオン

100円の有料アドオンを購入すると「広告非表示」「画像コピーの履歴」も管理できるようになります。
ただし画像コピーの履歴はウィジェットには表示されないので、その点だけは注意してください。

アドオンを購入するにはアプリを起動して「Settings」をタップ。
th_IMG_6619

「Upgrade to Copyfeed+」からアドオンを購入する事が出来ます。
th_IMG_6620

購入後は画像のコピー履歴が表示される「CPIED IMAGE」の項目が追加されます。
th_IMG_6625

つぶやき

kogoto_prof
Copyfeedは本当に使いやすいです。
余計な機能がかなり省かれているのでクリップボードを単純に管理したい人にお勧めです。
もしシェアや少し高機能なクリップボード管理アプリをお探しの方は、以下のClipsがお勧めです。

【アプリ】Clips – 通知センターが劇的に便利になるコピペ管理ウィジェットアプリ!

Copyfeed – organize everything you copy with a widget
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top