楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】iPhone版Googleカレンダーがリリース!基本的な使い方も解説

cat
スポンサードリンク

ようやくAppStoreにてiPhone(iOS)版 Googleカレンダーの配信が開始されました。
機能自体もそこまで複雑化しておらず、非常にシンプルで使いやすいカレンダーに仕上がっています。
また、複数アカウントのカレンダー読み込みにも対応しているので、利用目的によってアカウントを切り替えている人でも、全てのスケジュールを1度に確認する事が出来るようになっています。
iOS版Googleカレンダーの一連の使い方をザックリ解説していきます。

iOS版Googleカレンダーの基本的な使い方

権限の許可

iOS版Googleカレンダーを起動すると、「カレンダー」「連絡先」「通知」の許可を求められます(初回のみ)
基本的には全て許可してしまって問題はありません。
th_IMG_7500

アカウントの選択

アプリ版Googleカレンダーに読み込む為のGoogleアカウントを選択します。
自分のアカウントが表示されていない場合は、「別のアカウントを追加」から登録する事が出来ます。
th_IMG_7501

予定の追加

Googleカレンダーに予定を追加するには、カレンダー画面右下の「+」ボタンをタップ。
th_IMG_7506

予定タイトル、使用するアカウントのカレンダー、場所などを入力して「保存」をタップすると追加する事が出来ます。
th_IMG_7507

カレンダーの表示形式

カレンダー右上のボタンをタップすると、カレンダーの表示形式を変更する事が出来ます。
th_IMG_7511

リリース時点のver1.0.2では「スケジュール」「1日」「3日」「検索」の4つが用意されています。
週間表示は未対応となっているので、今後のアップデートを待つしかありません。
th_IMG_7512

表示するカレンダーの操作

複数のアカウント、マイカレンダーを使っていると「表示したいカレンダー」と「表示したくないカレンダー」がありますよね。
そんな時は以下の方法でカレンダーの表示を切り替える事が出来ます。

左上のメニューボタンをタップ。
th_IMG_7514

カラーボックス(色の付いた四角)をタップする事で表示のオン、オフを切り替える事が出来ます。
th_IMG_7515

イベントの参加

イベントへの参加可否を求められている予定に関しては、予定をタップして開く事で参加可否を送信する事が出来ます。
基本的にスケジュール関連であれば、このGoogleカレンダーアプリ1本で十分事足りるかと思います。
th_IMG_7516

つぶやき

kogoto_prof
リリース時点のver1.0.2ではiPadの画面サイズには対応されておらず、黒枠が表示されてしまいます。
iPadでも快適に使いたいのであれば、残念ながらアップデートを待つしかなさそうです。
Android版のGoogleカレンダーに比べると一部機能が未実装ですが、iOSならではの応用機能も用意されています。
これらについては、また別記事にて解説します。

Googleカレンダー
カテゴリ: 仕事効率化
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top