楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】写真を元に絵を描いてくれる「AutoPainter II」が見てて飽きない!

cat
スポンサードリンク

今回は写真を読み込んで絵を描いてくれる加工アプリ「AutoPainter II」をご紹介します。
機能自体はよくある画像加工アプリなんですが、AutoPainterは単純に変換するのでは無く、iPhone上で写真を元に絵(イラスト)を描画する様子もわかる、少し変わった加工アプリです。
描いている過程が本当に面白くて、見ているだけでも飽きない素敵なアプリです。

4種類

AutoPainter IIが使えるペンの種類は「チョーク」「ブック(ペン)」「フェルトペン」「ウォーターインク」の4種類です。
ペンによって描く過程も変わりますし、勿論完成後の絵の雰囲気も別物になります。
一度全てのペンを使ってみて、好きなペンを決めると良いかもしれません。

実際にAutoPainter IIを使ってみる

まずは「IMAGE」から写真を読み込みましょう。
th_IMG_7161

「CAMERA(カメラ撮影)」もしくは「ALBUM(カメラロール)」をタップ。
th_IMG_7163

ペンの種類が表示されているボックスをタップするとペンの種類を選ぶ事が出来ます。
th_IMG_7166

4種類のペンから好きな物を選択してください。
th_IMG_7167

ペンの選択を終えると自動で描画が始まります。
th_IMG_7169

描かれていく様子をジッと眺めていると、徐々に完成していく様子がわかります。
th_IMG_7172

最終的に出来上がった絵はコチラ。チョークっぽさの特徴が出ていて良い感じですね。
気に入った時は「SAVE」をタップして保存する事が可能です。
th_IMG_7175

次は色鮮やかな料理をBookペンで。
th_IMG_7178

とってもおしゃれな挿絵っぽい絵が出来上がりました。
th_IMG_7179

AutoPainter IIは、全体的に同じ色の写真だと輪郭がわかりづらくなってしまい苦手のようです。
逆に色鮮やかな写真であれば鮮明で素敵な絵が出来上がりやすい気がします。
是非お手持ちのお気に入りの写真で試してみてくださいね。

つぶやき

kogoto_prof
見てて楽しい画像加工アプリって意外と珍しいですよね。
大体はボタンをタップして終わり。
AutoPainter IIは過程を眺める事に主軸を置いているので、使っていて本当に楽しいです。
しかし、残念ながら画面サイズがiPhone6/Plusに非対応の為上下に黒帯が入ってしまいます。
出来上がりに支障は無いですが、どうせなら大画面で描画の様子を見てみたかったなーなんて思っちゃいました。

AutoPainter II
カテゴリ: 写真/ビデオ
¥100無料
※価格は執筆時の価格です。最新価格は必ずAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top