楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【ATOK for iOS】1.4.0アップデートでキーボードサイズやスタイルの変更が可能に

cat
スポンサードリンク

拡張キーボードATOK for iOSのバージョン1.4.0が先日配信されました。
今回のアップデートで、キーボードのサイズや位置の変更が出来るになった他、キースタイルや着せ替えの変更もできるようになりました。
今回のアップデートの詳細と気になる機能を幾つかピックアップしてご紹介します。

ATOK for iOS ver 1.4.0 詳細

  • 全般
    • iPhone6、iPhone6Pluでキーボードのサイズや位置の選択が出来るようにりました。
    • 着せ替え(ホワイト・ダーク・ゴールド)の選択が出来るようになりました。
    • 絵文字、顔文字、記号キーボードの追加。
  • テンキー
    • キー配列を4種類から選択できるようになりました。
    • デリート(文字右横削除)が出来るようになりました。 ※ 削除キーを上にフリック。
  • QWERTYキーボード
    • QWERTYで候補を展開して表示できるようになりました。
  • その他
    • 動作の安定化、不具合修正などの実施

個人的に気になるピックアップして紹介していきます。

注目の新機能

キーボードのスタイル・デザイン

今回追加されたキーボードの大きや着せ替え機能は、ATOKアプリ本体から設定する事が出来ます。

設定をタップ。
th_IMG_7542

キーボードのスタイル・デザインをタップすると各種設定が表示されます。
th_IMG_7543

1.スタイルの変更

テンキーのスタイル(キー配置)を「Style – ATOK」「Style – フリック」「Style – カーソル」の3種類から選択する事が出来ます。
各スタイルの概要は

  • Style – ATOK : 従来のATOK仕様のキー配置
  • Style – フリック : iOS標準キーボードに近いキー配置
  • Style – カーソル : カーソル移動専用キーが配置

となっています。
詳しいキー配置は以下の画像を参考にしてください。
th_IMG_7544 (1)

2.キーボードサイズと位置の変更

これが個人的には一番嬉しい新機能です。
iPhone6 / Plus 限定機能の幅寄せキーボードのサイズや位置の変更が可能になりました。
自身の手の大きさに合わせたサイズに調整すると、フリック入力が捗ります。
個人的には、親指を「あ」に合わせて、第1関節が自然と曲がるぐらいのサイズがフリック入力がしやすくお勧めです。
(私の場合だと標準サイズ-2)

th_IMG_7548

3.着せ替え

キーボードのデザインを「ホワイト」「ダーク」「ゴールド」の3種類から選択する事が出来ます。
標準はホワイトとダークを自動で切り分ける「自動」になっています。
th_IMG_7551

つぶやき

kogoto_prof
今回のアップデートでATOK1本に絞る方もいるのではないでしょうか?
最近はサードパーティー製キーボードで幅寄せ対応の物が幾つか出ているようですが、ATOKは更に上のサイズ変更まで出来るようになりましたね。
少しお値段は高いキーボードですが、アップデートが盛んなので購入して損は無いと思います。

ATOK for iOS -日本語入力キーボード
カテゴリ: ユーティリティ
¥1,500
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top