楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】ATOK for iOS – ver1.2.0で待望の擬似インライン入力に対応!

cat
スポンサードリンク

気付きませんでした。
ATOKforiOSのver1.2.0で擬似インライン入力に対応しました。
他にも幅寄せもオフに出来るようになったりと、更に便利になったので変更点2つを詳しくご紹介します。
もし両機能をアプリを起動して設定して..なんて事をしている人は、これから紹介する方法で切り替えてみてください。
アプリなんか起動する必要ありません。

擬似インライン入力

一番注目されているのは擬似インライン入力。
今までのATOKforiOSだと、以下のように入力中の文字列はボックスの中に表示されていました。
th_IMG_4760

ver1.2.0からは以下のようにアプリの入力欄にもリアルタイムで入力中の文字列が表示されるようになりました。
これをインライン入力と呼ぶのですが、従来この機能はAppleのキーボードでのみ使われていた機能です。
ATOKforiOSは擬似的に何とかインライン入力を実現したとのことです。
th_IMG_4761

今まで歯がゆいとされていた部分もATOKforiOSなら大丈夫。
但し、「擬似」は「擬似」なので、一部制約もあります。
例えば標準の連絡先アプリや最近リリースされたWord等では使う事が出来ないようです。
恐らく他にも使えないアプリが幾つかあるかもしれませんが、これは不具合では無く、Apple側の問題でもあるので、レビューで「XXでインライン入力使えないじゃん!星1!」なんてレビューはしないように..
ちょっぴり心配です。

幅寄せオフ

今までiPhone6Plus等でATOKforiOSを使うと、以下のように幅寄せされた状態でした。
確かに片手操作はし易いのですが、人によっては中央配置の方が使いやすい方もいるのは事実です。
th_IMG_4762

ver1.2.0では、この幅寄せ機能を自由にオンオフできるようになりました。
幅寄せをオフにするとキーも大きくなり、誤入力も減りそうな気がします。
th_IMG_4763

これらの機能の切り替え方法

アプリ本体を起動して設定するのも1つなんですが、何せ面倒です。
ATOKforiOSキーボードのATOKキーを長押しするとメニューが表示されるので、ここからオンオフ切り替える事が可能です。
アプリを起動する必要はありませんよ。

th_IMG_4765

つぶやき

kogoto_prof
ATOKが確実に便利に進化し続けていますね。
リリース当初は不評な声が目立ちましたが、アップデートも重なり評価も回復気味。
今後更にどんなキーボードになっていくか楽しみです。

ATOK for iOS
カテゴリ: ユーティリティ
¥1,500
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top