楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】Siri「続きの操作はAppで行う必要があります」の原因と対処方法

LINE-20170427
スポンサードリンク

iPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けにリリースされているLINEが、バージョン7.2.0頃からiOS 10以降で利用できる”Siri Kit”に対応し、Siriを使ってLINEメッセージを送信することができるようになりました。

SiriでLINEメッセージを送信するには、iPhoneの設定SiriAppサポートSiriをオンにする必要がありますが、LINEの設定状況によってはAppサポートをオンにしても、Siriが「申し訳ありませんが、続きの操作はAppで行う必要があります」とエラーを返す場合があります。

「続きの操作はAppで行う必要があります」の原因はSiriがLINEにアクセスが出来ないから

Siriでアプリ内蔵の機能を利用した時に「続きの操作はAppで行う必要があります」と返答が返ってくる場合は、アプリ内蔵の機能がSiri非対応であったり、アプリ側の制限によりSiriがアプリにアクセスすることが出来ない状況です。

「続きの操作はAppで行う必要があります」はSiriがアプリ内蔵機能にアクセスできない時のエラー。
「続きの操作はAppで行う必要があります」はSiriがアプリ内蔵機能にアクセスできない時のエラー。

iOS版LINEについてはSiriに正式対応しているので、今回は“Siriが何らかの理由によってアプリにアクセスが出来ない状況”が原因となります。

App Storeのアプリダウンロード画面で「サポート」を確認するとSiriの対応可否がわかる。
App Storeのアプリダウンロード画面で「サポート」を確認するとSiriの対応可否がわかる。

ちなみにAppサポートがオンになっていない場合は、「私が”アプリ名”にアクセスする必要があります。”アプリ名”の説明には次のように書かれています」と返され、Siriの画面上からスムーズにAppサポートをオンにすることができます。

Appサポートがオフの場合は、Siriの画面で「はい」をタップするだけで許可することが出来る。
Appサポートがオフの場合は、Siriの画面で「はい」をタップするだけで許可することが出来る。

LINEにロックが掛かっているとSiriはアクセスできない

LINEで「続きの操作はAppで行う必要があります」と返答が返ってくる場合は、LINEに起動ロックが設定されていることが原因です。次の方法で起動ロックを解除することで、SiriでLINEを利用することができます。

  1. LINEアプリを起動して設定ボタンをタップ。
  2. 4_LINE-20170427_up

  3. プライバシー管理をタップ。
  4. 5_LINE-20170427_up

  5. パスコードロックをオフにする。
  6. 6_LINE-20170427_up

なおiPhoneの設定Touch IDとパスコードSiriがオンになっている場合、ロック画面からでもLINEメッセージを送信できてしまうので、紛失時の悪用等が心配なのであれば、設定Touch IDとパスコードSiriをオフにしておいた方が良いです。

LINE
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top