楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Googleフォト】Spotlight検索でヒットするキーワードのルール

060_Googleフォト
スポンサードリンク

先日Googleフォトがバージョン1.10.0にアップデートされ、Spotlight検索機能を正式にサポートしました。新たにサポートしたSpotlight検索を試してみると、Googleフォトで「犬」の画像を見たい時に、「犬」で検索してしまうとヒットしませんが、「いぬ」や「イヌ」ならヒットする少し癖のある仕様であることがわかりました。

Spotlight検索を日常的に使う自分にとっては、どのようなキーワードがヒットするのか知っておきたいこともあったので、検索でヒットするキーワードのルールを調べてみたところ、Googleフォト内にその答えがありました。

1_GooglePhotos-Spotlight_up

Spotlight検索でヒットするキーワードのヒントはアルバムに

Googleフォトでは、写真を自動的に識別してラベル別に仕訳しており、Spotlight検索では仕分け後のラベル名がヒットする仕様となっています。今回冒頭で触れた「犬」については、Googleフォトが犬の画像を「イヌ」として仕分けしているがためたに、「犬」で検索するとヒットしないようです。

お気に入りの写真はどのように仕訳されているのか確認する

「アルバム」の上段にある「人物」や「物」をタップすると、Googledフォトが自動的に分類したラベルを確認することができます。この画面に表示されているラベル名でSpotlight検索をすると、候補として該当する画像が表示されます。
※ “カタカナ”と”ひらがな”は同一キーワードとして認識されます。

2_GooglePhotos-Spotlight_up

人物の写真は自分でラベル付けができる

人物が写り込んでいる画像については、自分でラベル付けをすることができます。こちらもSpotlight検索に対応しているので、設定後はSpotlight検索の候補として表示されます。

「アルバム」→「人物」→ラベルを付けたい顔写真をタップ。

3_GooglePhotos-Spotlight_up

「この人は誰ですか?」→名前を入力する→「完了」をタップすると、Spotlight検索で候補として表示されるようになります。

4_GooglePhotos-Spotlight_up

「Spotlight検索で思うようにGoogleフォトが使えない..」という方は、是非一度仕分け後のラベルをチェックしてみてください。

Google フォト – たくさんの写真や動画を無料で保管
カテゴリ: 写真/ビデオ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top