楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】連絡先アプリでGoogleコンタクトを読み込む方法

077_Googleコンタクト
スポンサードリンク

今回はiPhoneの連絡先アプリで、Googleの連絡先管理サービス「Google コンタクト」を読み込む方法を解説します。前回iCloudの連絡先をGoogleコンタクトに移行する方法を解説しましたが、連絡先をGoogleに集約することで、iPhoneやAndroidなど異なるデバイス間であっても、同じ連絡先情報を共有することができます。
※ 追加する方法は幾つかありますが、この記事ではiOS 5以上のデバイスであれば利用できる「CardDAVを使った方法」で解説します。

連絡先アプリにGoogleコンタクトを読み込む手順

  1. 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「その他」の順にタップ。
  2. 1_GoogleContact_up

  3. 「CardDAVアカウントを追加」をタップして、Googleアカウント情報を入力し「次へ」をタップ。
    ※ 二段階認証を使用している場合は、手順3の方法で取得できるアプリ用パスワードを入力
  4. 2_GoogleContact_up

  5. アプリ用パスワード取得画面を開いて「iPhone」の「カレンダー」でパスワードを生成する。
    ※ 二段階認証を設定している場合のみ
  6. 3_GoogleContact_up

  7. 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「デフォルトアカウント」で、追加したGoogleアカウントをタップ。
  8. 4_GoogleContact_up

  9. 連絡先アプリを開いて「グループ」→「Googleコンタクトのすべて」を選択すると、Googleコンタクトの連絡先が表示されます。
  10. 5_GoogleContact_up

もし複数のスマートフォンを使っているのであれば、便利なので是非活用してみてください。

追記
iOS 7以降であれば、「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」→「Google」から、アカウント自体をデバイスに追加し、連絡先トグルをオンにすることでもGoogleコンタクトとの連携が可能です。
コメント2件

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iOS7以降だと、Googleアカウントの連絡先で設定するだけよいような気がするのですが、あえてCardDAVアカウントを使う理由はありますか?

    • iOS 7以降であればGoogleアカウント単位で追加して問題はありません。この記事でCardDAVを使った方法を解説した経緯としては、この記事でより幅広いユーザー(iOS 5~)の方が解決できるようにと思い、こちらの方法で解説した次第です。とは言え、記事の情報が不足していましたので、その旨追記ささて頂きました。ご指摘ありがとうございました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top